法廷内に衝撃! 押尾初公判で飛び出した「陰茎」発言 (2/2ページ)

2009.10.24

 問題の発言があったのは公判の終盤。検察側からの被告人質問で飛び出した。押尾被告に「違法薬物への親和性」と「不可解な供述」を厳しく追及していくなか、押尾被告が田中さんに送ったとされるメールに言及。「(メールでいう)それというのは陰茎のことか」と押尾被告に投げかけたのだ。

 さらに論告求刑では、「(押尾被告は)陰茎がいるか、セックスしないかという意味だったとしているが…」と声を張り上げた。

 一体どうしてこんな発言が飛び出したのか?

 この裁判では、押尾被告が逮捕容疑を大筋で認めたため、争点は事件の“主犯”は誰か−。つまり、薬物を入手してすすめたのはどちらだったのか、という点に絞られた。弁護側は「一緒にいた女性から譲り受けたもので、押尾被告が入手したものではない」と主張。「押尾被告が女性にすすめた」とする検察の主張を徹底的に否定した。

 そこで検察側が押尾被告“主犯”説を裏付ける動かぬ証拠として持ち出したのが、事件発生前に田中さんに送った「来たらすぐいる」と書かれたメールだった。

 検察はこれを「『MDMAがいる』との意味だった」と指摘。対する弁護側は「『体がいる』との意味だった」、つまり《セックスする》の意味だったと主張したのだ。

 検察は弁護側主張を「不可解な供述」と指弾。その矛盾点を指摘するなかで出てきたのが冒頭の「陰茎」発言だった。

 身も蓋もない表現だけにインパクトは十分。裁判の争点が明確になり、検察側があえて持ち出した「陰茎」の一言が、あくまでも田中さんとの肉体関係を否定する押尾被告の供述の不可解さを浮き彫りにさせた。

【関連記事】
高相裁判で「沢尻エリカ」の名前が出た本当のワケ
押尾被告、起訴事実認める 2年前からMDMA使用
「夫婦そろって再犯の恐れも」高相被告初公判を分析

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。