加藤夏希、女優生命どうなる?ドロドロスキャンダル

2009.10.24


女優としてステップアップできるか試練を迎えた加藤夏希【拡大】

 カレシだった元マネジャーの男性から3000万円もの横領被害に遭ったとして、民事訴訟を起こした女優、加藤夏希(24)。金銭の絡むドロドロの恋愛スキャンダルを自ら暴露したが、女優生命はどうなる?

 秋田出身の加藤は12歳でタレント活動を始め、1997年の特撮ドラマ「燃えろ!! ロボコン」のヒロイン・ロビーナ役で女優デビュー。

 女性誌「JJ」のモデルを務めながら「花より男子2」などのドラマで活躍し、アニメやゲームといったオタク文化にも精通する独特のキャラはバラエティーでも人気だ。

 そんな売れっ子が怒りの矛先を向けている相手は、大阪市在住の男性。

 訴状によると、男性は2006年5月から今年2月までの約3年間、加藤のマネジャーを務め、恋人として交際。

 「月10万円ずつ定期預金したほうがいい」と加藤に勧め、通帳やキャッシュカードを管理したが、実際には定期口座は開かず、預かった通帳から総額約3000万円がパチンコや風俗などに消えていった。

 不信感を募らせ、別れを切り出した加藤に対し、男性は「交際をばらす」「別れたら何もかもぶちまける」などと脅迫。今年2月に加藤から相談を受けた事務所社長が男性を問いつめたところ、横領が発覚した。

 事務所から解雇された男性は金の返還に応じないばかりか、両親まで争いに参加。「加藤の写真や直筆の手紙を公表する」「加藤を結婚詐欺や婚約破棄で訴えることもできる」などと逆ギレしてきたという。

 加藤と事務所は8月、男性と両親の計3人を相手に損害賠償請求を起こしたが、男性側は口頭弁論で真っ向から争う姿勢を表明。事務所側は刑事告訴も辞さない構えだ。

 男性を知るテレビ局関係者は「男らしい外見で、時間も守るし、仕事も丁寧。悪い人には見えなかった。まさか夏希ちゃんと付き合っていたとは」と驚きを隠さない。

 「通帳やキャッシュカードを他人に預けるなんて非常識。子供のころから芸能界にいた加藤は世間知らずだったのでは」(テレビ誌編集者)との声が出てもおかしくないが、芸能界では、タレントの金をマネジャーが管理することは珍しくないという。芸能事情に詳しい出版プロデューサー、高須基仁氏はこう語る。

 「特に駆け出しのタレントを売り出す際、マネジャーが営業経費としてギャラの何割かを使うことはよくある。タレントが一人の力で仕事をとれるわけではないですから。ただ、そうやって同じ財布を使い、二人三脚でやってきたタレントとマネジャーの関係が恋愛などでこじれてしまうと、トラブルが生じる」

 加藤の魅力を、アイドル評論家の北川昌弘氏は「昔から抜群に美しかったし、ハキハキとして芸能界向き。『家の中では全裸』といった私生活の暴露話、不思議体験の話も面白い」と絶賛する。

 それだけにスキャンダル発覚は大きなダメージになりそうだが、北川氏は「女優業にシフトしてきているし、アイドル的なイメージを意識していないからこそ訴訟に踏み切ったと思う。ぶっちゃけトークもできるから、うまくやればプラスに転化できる可能性もある」とエールを送る。

 大胆なイメチェンは成功するか。

【関連記事】
加藤夏希が元カレ提訴!3千万横領→パチンコ&風俗三昧
T・M西川5000万円詐欺で自動車販売会社社員を逮捕
小室哲哉、仰天復活プラン表明! 5億円詐欺事件を激白
お相手は募集中?加藤夏希がウエディングドレス披露

加藤夏希
 

注目情報(PR)