吉本の人気コメディアン、亀山房代さん急死 42歳

2009.11.25


亀山房代さん【拡大】

 元漫才師でお笑いタレントの亀山房代(かめやま・ふさよ)さんが23日午前2時57分、心室細動のため神奈川県内の病院で死去した。42歳。三重県出身。所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーによると、すでに近親者による密葬を済ませ、後日「お別れ会」を開くという。

 亀山さんは1986年、吉本総合芸術学院(NSC)の5期生を経て吉本興業入り。当初はピン芸人として活動していたが、89年にザ・ぼんちを解散した里見まさとの誘いで、漫才コンビ「里見まさと・亀山房代」を結成。キャリアウーマンばりに語る亀山さんにまさとがツッコミを入れる芸風で、95年に上方漫才大賞奨励賞、97年に上方お笑い大賞金賞、98年に上方漫才大賞に輝いた。

 2001年にフォトジャーナリスト、今枝弘一氏との結婚を機に解散。翌02年3月に長女を出産した後はコメンテーターやイベント司会、高校生らの性教育をテーマにした講演を積極的に行っていた。

 亀山さんのブログ「カメぶっく」では、今月9日に長女を歯医者へ連れていったことを記したのを最後に更新が途絶えていた。

亀山房代
 

注目情報(PR)