解雇は?押尾に“薬”貰った!現役有名モデル「N」素顔 (2/2ページ)

2009.12.10

 押尾容疑者は、同法違反容疑で逮捕されたネット販売業、泉田勇介容疑者(31)と、証拠隠滅容疑で逮捕された遠藤亮平容疑者(28)とともに、9日に東京地検に送検されたが、依然として容疑を否認している。

 だが同課は押尾容疑者と親しかった複数の女性に任意で事情聴取を済ませており、「押尾容疑者から『気持ちよくなるから飲みなよ』と言われて薬物を受け取った」との証言を集めている。

 時期は7月下旬ごろ、田中さんが亡くなる数日前だった。

 薬物を飲んだ女性の中には、服用後、一時的だが意識を失った人もいて、同課の聴取に「死んでいたのは私だったのかも」と話す女性もいたという。

 関係者によると、聴取された女性らのうち、押尾容疑者から薬物を受け取ったことをはっきり認めたのは都内のクラブ女性と現役有名モデルのN。この関係者は「裁判になれば、この2人の陳述書が法廷で証拠として提出される可能性がある。薬物汚染の実態が明かされれば、押尾容疑者だけでなく芸能界は最大級の薬物スキャンダルに見舞われる」と指摘する。

 Nは10代のときに民放の有名ドラマに出演するなど早くから注目を集め、170センチ以上の長身スレンダー体型を生かして女性ファッション誌のモデルとして活動するほか、テレビの情報番組にもレギュラー出演している。押尾容疑者が逮捕された直後からネットにはたびたび名前がとりざたされていた。

 先の関係者は「公判で名前を出さないから、という条件で陳述書を取ったようだ」と話すが、法廷で名前が伏せられることは考えにくく、「公判前に所属事務所が解雇する可能性が高い」と話す関係者もいる。

 また、押尾容疑者との接点が注目されていたNよりも格上の人気モデルA、B、Cの3人について、広告代理店のキャスティング担当者は、「捜査の進展しだいでは、契約などを見直さないといけないため調査や対応に追われているが、現時点では直接の捜査対象になっていないようだ」と胸をなでおろしている。 

 しかし、押尾容疑者の女性人脈は複雑に絡んでいて、再逮捕直前まで、女性との交遊関係が伝えられているため、予断を許さない状況。

 業界内からは、「今後のCMやドラマのキャスティングは、十分に“身体検査”をしないとモデルや女優を起用できない」(先の担当者)というため息も聞こえてきた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。