テレンス・リー独占激白、正当防衛できなかった本当のワケ

2009.12.14


取材時も大好きな酒をガンガン飲み、元気だったテレンス・リー=神奈川県相模原市【拡大】

 路上トラブルで男から暴行を受け、重傷を負った元傭兵のタレント、テレンス・リー(45)が夕刊フジの独占取材に応じた。「私が手を出せば、相手が危険なことになっていた」とし、“不死身”をアピール。事件の真相を熱く語った。

 「この通り元気ですよ。私は不死身です!」

 トレードマークのサングラスをかけ、拳を握るリー。一部では「顔全体が腫れ上がっていた」とも報じられたが、もともとふくよかな顔に変わった形跡はない。ただ、右足を引きずっている。

 「ひざに傭兵時代の古傷があるんです。医師のすすめで、自転車でリハビリをしています」と、リー。事件は、そのリハビリ中に起きた。

 リーは9日午前0時すぎ、神奈川県相模原市のJR相模原駅方面から自転車で帰宅途中、歩道でアルバイトの男(42)とすれ違った。

 男は「ぶつかった」と騒ぎ、リーは「冷静に話そう」と説得。近くの駐車場へ誘うと、男は「殴れよ」と挑発。リーが困惑していると、突然殴りかかってきた。

 引き下がった際、ひざの古傷の痛みで体勢を崩したリーは顔に蹴りを入れられた。その後、10分近く、男からの暴行を両腕で防御。通りかかった男性が近くの交番に通報し、駆けつけた相模原署員が男を取り押さえた。

 「実際はぶつかってないし、肩も触れてません。その道は歩行者と接触するほどせまくない。男は酒に酔って道のど真ん中を歩き、他の歩行者もおびえていた。無差別にけんかを売ろうとしているように見えました」

 そうリーは振り返る。

 「男の暴行は異常で、力の加減もしていなかった。普通だったら死んでもおかしくない。私だから大丈夫だったんです」

 リーは眼底骨折し、全治4週間と診断されたが、事件から1日もたたないうちに居酒屋へ繰り出したという。

 「ボクサーもよく負うけが。骨がくっつくまで時間がかかるだけで、痛みもない」と平気の様子。自宅療養で治すといい、早速、19日のフジテレビ系「ホンマでっか!? TV」の収録から仕事復帰する予定だ。

 リーは剛柔流空手、合気道、柔道、剣道の有段者。なぜ、「正当防衛」をしなかったのか。

 「正直、反撃しようと思った瞬間もありましたが、“人間凶器”の私が1発殴れば危険なことになる」とし、過去の“トラウマ”を明かす。

 「テレビに出るようになった3年前、居酒屋で5人組の若者から絡まれたことがあるんです。私が腕をひねったら、『暴行だ』『傷害だ』と騒いだ。警察に事情を聴かれ、説明するのに半日もかかった。それ以来、こちらから一切手は出さないと決めたんです」

 非公表にしていた実年齢と本名の「加藤善照」も報道で暴露され、ネットでは「実は弱いのでは」と揶揄する声も飛び交った。

 が、「年齢などはいつか出てしまうこと。兄貴分のタレント、ケイ・グラントさんは電話で『よく手を出さなかった』とほめてくれた。わかる人ならわかる」と、“痛手”と感じていない様子。それどころか、傷害容疑で逮捕された同じ40代の加害者の男に同情を示す。

 「離婚歴があり、仕事もうまくいっていなかったらしい。酒で憂さを晴らしたかったのか。刑事裁判になったら、私が情状証人として出廷したいぐらいです」

 酔っ払いが増える年末は、誰でも事件に巻き込まれる可能性はある。“危機管理”には気をつけたいところだ。

■リーと親しい出版プロデューサーの高須基仁氏は「『四十にして惑わず』という言葉のとおり、リーは惑わず、立派だった」と話した。

テレンス・リー
 

注目情報(PR)