喪服のゴマキ気丈、悲しみこらえ頭下げ…モー娘。号泣

2010.01.28


気丈にふるまった後藤真希=東京都江戸川区【拡大】

 元モーニング娘。の歌手、後藤真希(24)の母で、23日深夜に自宅から転落死した後藤時子さん(55)の告別式が28日、都内の斎場で営まれ、大勢の知人、関係者が参列した。真希にとって最大のファンで、モー娘を愛していた時子さんとの突然の別れに、仲間の“娘”たちも悲しみを募らせた。

 喪主は長姉が務め、棺には、家族で記念撮影した写真と、時子さんが好きだったという真希の曲「with…」の歌詞カードが納められた。

 この日、和装の喪服に身を包んだ真希は午前8時半に黒のワゴン車で会場に到着。マネジャーに付き添われ、やや足早に歩き、落ち着いた表情で報道陣に会釈した。

 斎場には、恩師の音楽プロデューサー、つんく♂(41)、モー娘元メンバーの矢口真里(27)、藤本美貴(24)、小川麻琴(22)、現メンバーの高橋愛(23)と新垣里沙(21)、メロン記念日といった顔ぶれが次々と駆けつけた。

 27日の通夜には約500人が弔問に訪れた。会場入りの際、報道陣の前に姿を現した真希は涙をこらえながら、深々と頭を下げて無言であいさつ。母を失った悲しみからか、体が震えていた。

 そんな真希の姿を見守っていたモー娘時代の仲間は、初代リーダーの中澤裕子(36)をはじめ、安倍なつみ(28)、飯田圭織(29)、保田圭(29)、吉澤ひとみ(24)、辻希美(22)、石川梨華(25)の7人。

 中澤は真希の様子について、「一生懸命、悲しい顔を見せないようにしていた」と語り、「今は、かけられる言葉が思いつかない。早く昔のようにワイワイ楽しく過ごせるのを待つのみです」と、辛い胸の内を告白。泣きじゃくりながら「1人じゃない、振り返ったら私たちがいるから…」と後輩を気遣った。

 時子さんは真希と仲良し母娘で、モー娘のコンサートにも頻繁に足を運んでいた。辻は「すごい明るい人。ごっちんとも友達のような家族でした。メンバーとも家族のように接してくれた」と振り返る。

 真希の出演番組を見るのも楽しみにしていたといい、吉澤は「ダメだしをしたり、『あのコント、よかったよ』と、お母さんが言ってくれたって話を聞いた」と明かす。

 安倍は「今一番辛いのは後藤自身。一緒に頑張ってきた仲間として、支えたい気持ちで一杯です」と旧友を思いやった。

後藤真希
 

注目情報(PR)