船越英一郎の妹がうつ病自殺 ブログに綴っていた悲痛な言葉

2010.02.12


船越英一郎【拡大】

 俳優、船越英一郎(49)の実妹で、神奈川県湯河原町の温泉旅館「旅荘船越」の元女将、平野洋子さん(47)が同旅館で首つり自殺していたことが分かった。2007年に死去した俳優の父、故英二さんが開業した旅館を継ぎ、切り盛りしていた洋子さんはうつ病に苦しんでいた。父に続き、最愛の妹も失った船越の悲しみは計り知れない。

 神奈川県警小田原署の調べでは、洋子さんは今月7日午前7時15分ごろ、旅館のはなれで首をつって死んでいるのを家族が発見し、通報。遺書はなかったが、遺体の状況などから自殺と断定された。

 洋子さんは10年近く、うつ病と闘っていた。国家公務員の夫との間に子供はいなかった。

 船越は訃報を受けた7日、松本清張シリーズのドラマ撮影のため京都に滞在中だった。静岡県熱海市の保善院で10日に営まれた通夜、11日の葬儀・告別式に、夫人で女優の松居一代(52)とともに参列した。

 葬儀・告別式で、船越は約150人の参列者の前で、洋子さんの遺影を抱え、目に涙をにじませた。喪主の義弟が「彼女は幸せでした」とあいさつすると、沈痛な表情のまま何度もうなずいた。

 洋子さんは日大短期大学部を卒業後の1983年、英二さんと母の琴子さん(元女優、長谷川裕見子=85)が経営する「旅荘船越」入りした。

 90年には経営者兼女将に就任。湯河原温泉おかみの会会長なども務めたが、責任感の強さと重労働があだになったのか、9年ほど前にうつ病を発症、通院を始めた。

 一時回復し、2006年には闘病経験を元にした小説「梅一夜」が第5回湯河原文学賞最優秀賞を受賞。旅館の経営も続けていたが、昨年10月いっぱいで閉館した。

 8月の最後のブログには「うつ病が悪化の一途をたどり、自分で自分の命のコントロールさえできなくなってしまった。それでも、万が一にも自分から命を絶つような愚かな行為に走らないために決断しました。病気を治すための前向きな廃業です」とつづっていた。

 船越は告別式の後、ドラマ撮影のため、再び京都へ。悲しみは癒えないが、尊敬する父、俳優の道を選んだ自身の代わりに旅館を守った妹には、演技で報いるしかない。


 

注目情報(PR)