真央vs興毅“視聴率バトル”の賢い楽しみ方“裏”ではアレも… (2/2ページ)

2010.03.26

 真央が氷上で対決する相手は、バンクーバー五輪金メダリスト、キム・ヨナ(19)。真央のリベンジが注目される。

 一方、興毅がリング上で迎え撃つのは、元WBCフライ級王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(32)。興毅が破った内藤大助(35)にベルトを奪われるまで、17回防衛に成功した実力の持ち主だけに油断できない相手だ。

 テレビ中継は、フィギュアが午後7時〜8時54分。ボクシングが午後7時〜9時54分。放送時間は重なっているが、興毅戦のゴングは午後8時51分と決まっている。ゴングが鳴るまではK−1の中継が予定されている。

 そうとわかれば、ボクシングファンもじっくりフィギュアを見てからチャンネルを変えても遅くないのでは?

 ちなみに、真央とヨナが対決した2月26日のバンクーバー五輪フリーの視聴率は、平日昼間にもかかわらず、36.3%(瞬間最高46.2%)という驚異的な数字をマーク。昨年11月29日の興毅Vs内藤戦の視聴率は43.1%(瞬間最高51.2%)をマークしている。

 さらに、真央、興毅の“裏”では、日本テレビ系が午後7時から巨人×ヤクルト開幕第2戦を生中継する。

 スポーツファンはリモコン片手に忙しい週末を送ることになりそう…。(※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。