ど〜もすいません!?林家三平、NHK美人巨乳アナと熱愛発覚

2010.08.31


NHK荒木美和アナ【拡大】

 落語家の林家三平(39)と、NHKの荒木美和アナウンサー(31)の熱愛が発覚した。落語界きってのプリンスとNHKの美人巨乳アナの意外なカップル誕生だ。

 31日付のスポーツ報知が関係者の話として伝えたところによると、2人は落語を通じて知り合い、親しい関係者にも交際を伝えているという。

 2人は番組での共演経験はないが、荒木アナはNHK東京ローカルの「イキだね!わたしの東京時間」(金曜午後8時)の司会を、三平の姉・泰葉(49)の元夫・春風亭小朝(55)と2人で務めている。小朝は昨年3月の三平の襲名披露公演でも口上を務めるなど三平との絆は非常に深く、荒木アナと一門は縁がある。

 また、三平と荒木アナの趣味は共にサーフィンで、意気投合するきっかけとなったようだ。

 荒木アナはどんな人物か。最近は民放に負けず劣らず美女ぞろいのNHKの女子アナ軍団の中でも、「巨乳のグラマラスな体形で、明るいアウトドア派」として女子アナウォッチャーの間で注目されている。

 東京都生まれで、早大卒業後、2004年にNHKに入局。波乗りのほかに山登りや演劇鑑賞などを趣味に挙げている。「Shibuya Deep A」(BS、金曜午後11時)では最先端の若者ファッションで登場。ハキハキとした物言いで、荒木アナのファンを増やしている。以前は、「ニュースウオッチ9」でリポーターも担当するなど、守備範囲は幅広い。

 三平の過去の恋愛遍歴をみると、意外と女子アナ好きのようだ。昨年6月放送の日本テレビ系バラエティー番組では、日テレの馬場典子アナ(36)と交際していたことを共演者から暴露されていた。一時は結婚を考えたほどの仲だったとか。

 昨年1月、襲名披露前の会見で三平は「今は落語と結婚するようなもの」と芸事に精進することを誓っていたが、それも順調。あとは荒木アナが、「たぬき顔」が好きだという三平の母、海老名香葉子さん(76)のお眼鏡にかなうかどうか。

 

注目情報(PR)