初来日のチケットでバッド・カンパニーに会える夢の企画

2010.09.21


バッド・カンパニーの35年前のチケット【拡大】

 来月、35年ぶり2度目の来日を果たす伝説の英ロックバンド、バッド・カンパニーが夢の企画をぶち上げた。1975年3月3日、日本武道館で行われた一夜限りの初来日コンサートのチケット半券を持参して今回の来日公演に来場したファンの中から抽選で35人がボーカルのポール・ロジャースと直接対面できるのだ。

 来日メンバーはポールに加え、サイモン・カーク(ドラム)、ミック・ラルフス(ギター)、2006年に他界したボズ・バレル(ベース)を除くオリジナルメンバー。ポールは「今、最高の状態。準備は万全だ。35年も待たせてしまったが、みんなに会えるのを楽しみにしている」と日本のファンにメッセージを寄せている。

 ポールとの“ご対面企画”は、10月23日昭和女子大学人見記念講堂、同25−26日、東京国際フォーラムホールAで開かれる東京公演が対象。問い合わせは、ウドー音楽事務所((電)03・3402・5999)へ。

 大阪公演は、21日なんばHatchで。

 

注目情報(PR)