(22)はちみつシアター

2010.10.05

連載:ピンスポ


本公演出演者による集合写真【拡大】

 劇団紹介コーナー「ピンスポ」第22回は、主演女優が女性でないことを除いては(笑)女性ならではの圧倒的なパワー&何着ものこだわりの衣装を、ハイテンポな会話が続く芝居+約20分のダンスショーで堪能することが出来る「はちみつシアター」(http://ameblo.jp/83theater/)を紹介します。 

 「とにかく楽しんで帰ってもらいたい!」が劇団コンセプトのはちみつシアターは、3年前の第4回公演より、芝居後に約20分のダンスショーを披露する今のスタイルとなった。芝居中の役柄のまま、そのキャラクター性を保持したまま展開されるショーは、つまり芝居と連動しており、まさに“1作品で2作品おいしい”“途中で味の変わる作品”となっている! またそのダンスも、アラサーの年齢層メンバーばかりだというのに、AKB48のような《アイドルを感じさせてくれることの出来るダンス!?》がたくさん盛り込まれているという(笑)。「エンターテイメント色全開」のはちみつシアター、劇場でその魅力を存分に体感してもらえるはずである。来週10月13日(水)〜17日(日)に計7公演、中野劇場MOMOにて「ブリテリ・マイルーラ GOLD」の上演を控えたはちみつシアターの稽古場へ。主宰の田渕恭子、そして女優の氏家康介と秋元佐和紀の3名を直撃した!

■【芝居+ショー】のスタイルは、ずっと模索し続けてきた上で辿り着いた1つの形!

 はちみつシアターの公演スタイルが現在のようになるまでには、紆余曲折があった。

 「私はもともと関西のミュージカル専門学校に通っていました。でも、関西ではなく東京で勝負したいとずっと思っていて…1年働いてお金を貯めて上京してきたんです。何の宛てもないままでしたけど(笑)、目的は決まっていたのですぐに行動を開始し…はちみつシアターの前身でもある劇団を旗揚げしたんです。…でも、その劇団ではちょっと私の思い描いていたことを正直やり切れませんでした。色々と理由はあったのですが、その1番は、ミュージカル劇団になってしまって普通のお芝居をやれなくなってしまったことですね。ダンサーになりたいってわけではなかったので、もう劇団解散間近の頃には“芝居がしたくてしたくて仕方ない!”状態になってて。ミュージカルの専門学校に通っておいてなんですけど(笑)」(田渕)

 「私もその前身の劇団に参加していたのですが…劇団を解散して半年後くらいに彼女(田渕)から連絡があって、『違った方向性の作品をやっていこうと思ってるんだけど、一緒にどう?』って誘いがあって。まあ、そんな流れでもあったので、はちみつシアターの初期作品は前身劇団と正反対の芝居どっぷりのものでした。あぁ、これはミュージカル漬けだった、その反動だなと思いましたね(笑)」(氏家)

 「5、6年前のその頃は、ミュージカルというかダンスを『もうしたくない!』っていう想いが強くて。作品テーストも、“華やかな感じ”の反動ではないですが(笑)、ささいな日常というか、何気ない家族の話といった、“普通の人の心情を細かく切り取ったエピソード”を描くものとなりましたね。でも、それはそれで、《お客さんに楽しんで帰ってもらいたい》という点では心から満足出来るものではなくて(苦笑)…3年前の第4回公演から、【芝居+ショー】のスタイルになったんですけど、それは今思えば、ずっと模索し続けてきた上で辿り着いた1つの形だったんだと思います!」(田渕)

 「その第4回公演から、脚本&演出を巣鴨が担当するようになって、メインの劇場も中野の劇場MOMOに移したんだよね」(秋元)

 「作品スタイルのチェンジというだけでなく、色々な面で、第4回公演が劇団の大きな転機だったと思います!」(氏家)

■1人あたり平均10着くらい。劇場の控え室も毎回とんでもないことに!

 “芝居+ショー”というスタイルは、すなわち2つの作品を一挙に上演することといっていい。その分、様々な面で大変なことがあるようだ。

 「芝居の稽古だけでなく、ショーの稽古も同時並行でやっていかなくてはならないので、その点では本当に大変ですね」(田渕)

 「でも、それが可能となっているのは、自分たちの稽古場があるからこそだと思います。本番ギリギリには朝までずっと稽古したりというのも普通にあったりするのですが(笑)、決まった稽古場がなかったら、そして公共の施設だったら絶対に無理ですからね」(秋元)

 「前身の劇団の頃から、この荻窪にあるスペースで稽古をしてきているのですが、どんどん荷物が増えていっていますね。公演で使用した美術セットや衣装はもちろん、マット(器械体操用の)とかもあります。マットは稽古時だけでなく、仮眠の時にも使用されています(笑)」(氏家)

 「最近ではこの稽古場から、《はちみつシアターTV》という動画番組をユーストリーム配信もしています(本番組は毎週水曜日の22時から配信中。http://www.ustream.tv/channel/はちみつ体質)。それ用の荷物も増えていっているので、もうバックヤードはめちゃめちゃです(笑)」(田渕)

 「大変なことになってるのは稽古場だけじゃないよねぇ。劇場の控え室も毎回とんでもないことになっています。うちのこだわりの1つが衣装でもあるので、それだけで控え室がいっぱいいっぱい」(秋元)

 「1人あたり平均10着くらいですかね(笑)。芝居用の衣装はもちろん、ショーの衣装も必要なので、どうしても必然的に多くなってしまうんですよ」(氏家)

■本公演では、お揃いの赤ボンテージに身を包んで踊ります!

 劇団の最大の特徴ともなった“芝居+ショー”のスタイル。一体どういう内容のものなのだろうか?

 「芝居はオープニングからハイテンポな会話が繰り広げられていきます。一気に芝居の世界に引き込もうというものです。…とは言え、あまり内容のない会話だったりもするんですけど」(氏家)

 「“人間の本質はこういうものだ”といった感じで出演者が全員嫌な奴を演じる芝居だったり、作品テーマの答えを観客の想像に委ねる芝居など、そういった作品が私は嫌で嫌で(笑)。楽しんで帰ってもらいたいという意味からも、ハッピーエンドの芝居作品になっています」(田渕)

 「ショーのほうは本当に派手です。ある意味、バカバカしいとまで思ってもらえれば嬉しいですね。ダンステクニックを披露するというよりは、芝居のキャラクターに合ったダンスです。HIPHOPやパラパラだったり、アイドルっぽいダンスというのが特徴でしょうか(笑)」(秋元)

 「アラサーのAKB48?(笑)。まあ、そのセンターが私…実は女性でなくて、男なんですけど(笑)」(氏家)

 「同じ世代の女性たちは、仕事の場でも家庭でも、それぞれ責任が増していっている時期だと思います。そういった同年代の女性たちに観ていただいて、元気になってもらいたいというのも、私たちの想いの1つですね!」(田渕)

 「ショーの締めくくりには、舞台狭しと全員出演して踊るのですが、これまでにはレディースの特攻服だったり、ウェディングドレスだったり、セーラー服だったり(笑)。ちなみに本公演では、お揃いの赤ボンテージに身を包んで踊ります。お楽しみに!」(秋元)

■本公演の作品コンセプトは【セクシー&ポップ】!

 本公演は、劇団の大きな転機ともなった第4回公演の再演である。

 「作品カラーが、より“女ばかり”というのを押し出したものとなっていますね。【セクシー&ポップ】です!」(氏家)

 「敢えて再演をやるということは、これまで色々と試行錯誤しながらやってきた中で《成長した姿》を皆さんに観てもらいたいからに他なりません。GOLDというサブタイトルを付けたことからも分かりますように、前回公演よりも“きらびやかに”“キラキラ”したものをお見せします! ちなみに、お陰様で3年前の衣装、無事に着れました(笑)」(田渕)

 「芝居だけでなく、ショーのほうも前回公演以上のものをお見せ出来るようにと今、稽古を頑張っています。本当は宝塚のような長い階段セットでやれればいいんですけどね…残念ながら3段くらいしかない階段セットの“庶民の宝塚”ですが、満喫してほしいです(笑)」(秋元)

■ぜひショーの最後にアンコールをお願いします(笑)

最後に本公演に向けての意気込みとコメントを頂いた。

「アンコールというものがまだないので、ぜひショーの最後コールをお願いします(笑)。お気軽に劇場にお越し下さい!」(田渕)

 「舞台をまだ観たことがないという人にも、絶対に楽しんでもらえる作品になっていると思います。よろしくお願いします!」(秋元)

 「ボンテージ衣装、AKB48さんの『ヘビーローテーション』と偶然被ってしまいました(笑)。前回公演と作品スタイルは同じですが、より良いものをお届け出来るものと思っています。存分に楽しんでもらって帰ってもらいたいと思っています!」(氏家)

はちみつシアター第9回公演「ブリテリ・マイルーラGOLD」

【日程】10月13日(水)〜17日(日)/計7ステージ

【会場】中野劇場MOMO

【脚本・演出】巣鴨五反田

【出演】田渕恭子、氏家康介、郡司みわ、秋元佐和紀、栗野未悠、前薗幸子、のもとあき、山本陽子、山川多恵、大八木麻衣、前田真視子、竹内いくみ、横山綾乃 

【あらすじ】場末のスナック「ブリテリ」。ママのお喋りが売りのこの店に、ひょんな出会いから次々と集まる様々な想いを持った人たち。馬鹿な店員、薬中のレズカップル、ストリッパー、マンバギャル、ニート…品のない奴ら。そこにライバル店の売れっ子だったハッピーちゃん達と謎の女・向井も加わって、お客を呼ぶ為にショーをする事になった。一筋縄では行かない奴らが、果たして無事にショーを出来るのか? いろいろあったりするけど、人間やんなきゃいけない時がある。誰にでも、自分を強くさせてくれる人が現れる・・・そんな「ブリテリ」での可笑しくて、騒がしくてちょっぴり泣けてくるお話。「とりあえずさ…ショー、するか!!」

【サイト】http://ameblo.jp/83theater/

■取材先劇団募集

 「ピンスポ」は取材先劇団・ユニットを大募集中です。詳細は本コーナーをプロデュースする、コンテンツプロダクション・株式会社ルートデザイン公式サイトまで! http://contents-pro.com

■チケットプレゼント

 はちみつシアター第9回公演「ブリテリ・マイルーラ GOLD」の10月13日(水)19:00〜、14日(木)14:00〜&19:00〜、15日(金)19:00〜、16日(土)14:00〜&19:00〜に各2組4名様の計12組24名様をご招待致します! お申込は演劇ライフ(http://engekilife.com/)のプレゼントコーナーより。 

次回(第23回)の掲載は10/12(火)です。お楽しみに。

 

注目情報(PR)