コアラが店長「赤坂ふーちん青山店」東京・表参道 

★定食500円〜、サラリーマンに大人気

2010.10.06


コアラが店長の中華料理店【拡大】

 おしゃれなブランド店が点在する表参道の路地裏。香港の大衆食堂を思わせるカジュアルな雰囲気で、近隣のサラリーマンやOLに大人気の中華料理店だ。

 店長は、タレントのコアラ(ハッピハッピー。)。赤坂・一ツ木通りにある中華饅頭が名物の人気店「赤坂ふーちん」に店長として入社したのは昨年10月。12月7日に、ここ青山店がオープンしてからは、タレント業を休止して2店掛け持ちで奮闘中なのだ。

 「コンセプトは“街中にある昔ながらの中華屋さん”。毎日ご利用していただけるよう、お手頃な値段で提供しているのが特徴です。おまけに料理は、点心も含めて全部手作り。だからおいしいんです」

 確かに安い。ラーメン各種が380円〜、チャーハンや中華丼・マーボ丼は550円。定食は日替わりも含めて7種あって500円〜750円と、懐に優しい。しかもライスはお代わり自由だ。

 セットメニュー各種もお得。写真は、直径約20センチ大の無添加肉まん(通常300円)にラーメンとデザートをセットにした「でかまんセット」(600円〜)。肉まんを豚角煮まん、あんまんに替えても同じ値段でOK。

 「定食、セットメニューはオールタイム同じ値段でやっています。時間によって内容に差をつけるのは、お客さんに失礼だと思うからです。だって、どうしても仕事の関係で昼食が2時、3時以降になってしまう人もいるじゃないですか。小腹が減ったときは、特製の海鮮中華まん(400円)がおススメ。最近デビューした新製品で、肉汁タップリなんですよ」

 タレント事務所やブランド店が多い場所柄、芸能人や売れっ子モデルもしばしばやってくる。先日もヨネスケさんが顔を出した。

 7月の参議院選挙で自民党公認で当選した三原じゅん子さんは、元妻。3年前に離婚しているが、食事に来たことは?

 「一度もないですね。共通の友人を通じてボクが店長なのは知ってるかもしれませんが…。離婚以来、電話もメールもしてないんですよ」

 今は生活の中心が、赤坂本店と青山店。お客さんの「おいしかったよ」の声が励みだ。

 東京都港区南青山5の9の8。(電)03・6418・3311。営業11〜23・30(土日祝は22・30まで)、無休。

 

注目情報(PR)