海老蔵“自業自得”?頭に酒かけ灰皿にテキーラ入れ飲ませる?

2010.11.30


市川海老蔵【拡大】

 海老蔵が顔面をボコボコにされた事件は、警視庁が、杉並区に住むIという男(26)に逮捕状を取り急展開。それとともにベールに包まれていた経緯も徐々に明らかになってきた。

 海老蔵はこれまでの事情聴取に「具合が悪くなった人を介抱していたら殴られた」などと答えていた。だが、当時泥酔状態で記憶がハッキリしていない。海老蔵の証言を聞くと、Iの凶暴性が際立つが、実情は違う可能性もある。

 暴行現場のビル関係者は「悪酔いした海老蔵が、Iの先輩格にあたる某氏(現場に不在)の知人に絡んだのが原因のようです。Iは目の前で、その知人が愚弄(ぐろう)されたことにキレてしまった。海老蔵の酒グセの悪さは六本木中に知れ渡っていましたから、『懲らしめてやろう』という気持ちもあったのでしょう」と証言する。

 また、海老蔵が、酔いつぶれるその知人の髪の毛を引っ張り、頭から酒をかけ、灰皿にテキーラを入れて飲ませようとしたのが事の発端との報道もある。キレたIが長時間にわたり殴り続けたとの話もあり、Iの怒りは相当すさまじかったようだ。

 

注目情報(PR)