絶版漫画無料提供の心意気 人気漫画家が激白「文化として…」

2010.12.07


「ラブひな」を無料で。作者の赤松健さん(左)と堀江由衣【拡大】

 「ラブひな」「魔法先生ネギま!」などの作品で知られる人気漫画家・赤松健さん(42)がなんと絶版マンガを無料提供する会社「Jコミ」を立ち上げた。

 この会社は、入手不可能な絶版漫画を「広告入り漫画ファイル(PDF)」によって無料でファンに公開する目的で設立され、赤松さん自身が代表取締役を務める。

 都内で6日開かれた会見で赤松さんが設立の動機を説明した。

 「絶版漫画で面白いものがいっぱいありますので、そういうものをどんどん救済して漫画文化として残していきたい。そして、漫画を読む文化を絶やさないようにしたい」

 11月26日からテストケースとして自身の人気作品「ラブひな」(正式に絶版)全14巻を無料公開したが、初日だけで45万ダウンロード、1週間で170万ダウンロードを達成した。

 「ユーザーの皆さんには絶版になった過去の面白い漫画を無料で楽しんでいただけますし、作者の先生方には、広告代理店さんの手数料を引いた全額が入ります。企業様にはこの膨大なダウンロードの広告枠をぜひ買っていただきたい」

 ユーザーと漫画家の双方のメリットも強調した赤松さん。

 会場には、アニメ「ラブひな」で東大を目指すヒロイン・成瀬川なる役を演じた人気声優で歌手の堀江由衣(34)が駆けつけた。

 「うちにある『ラブひな』が1巻から順番にそろっていなくて、探すのにすごい苦労したので、このシステムはすごいなと思いました」と話した堀江。「ラブひな」には並々ならぬこだわりがあるようで、「ものすごく楽しくて、そこに帰りたくなるような作品です。ひなた荘というところにみんなが集まって一人ひとりが夢をかなえていく作品ですが、東大を目指している方に限らず、いろんな夢に挑戦しようとしている方に読んでいただけたら」と、会社設立に期待を寄せた。

 テストの結果を見て漫画家たちに作品提供を呼びかけたいとしており、来年1月10日から正式公開を予定している。

 

注目情報(PR)