まるで政治家?海老蔵“完璧会見”「記憶にありません」

2010.12.08

 −−暴力をふるった事実は

 「そのようなことは一切ございません」

 −−事件の原因について、加害者側は海老蔵側にあると言っているが

 「そのような記憶はございません」

 −−今回の暴行事件がなぜ発生したと考えるか

 「それは私もわかりません」

 −−暴行の相手との関係は

 「もともと知り合いの方ではございません。どなたとも面識はありませんでした」

 −−もともとの知り合いという報道があるが

 「報道でそのように流れたなら…、よく分かりません」

 −−暴行を受けていた時間は覚えているか

 「正確には分かりませんが、非常に長い時間に感じました」

 −−「死ぬかと思った」と言ったのか

 「暴行を受けているとき、逃げている最中、死ぬかと思いました」

 −−防犯カメラに逃げる姿が映っていたが、店を出た後、タクシーに乗るまでの経緯は

 「本当に命がかかる問題だったので、非常に混乱していました。追いかけられたであろう記憶はございますが、どのように走り、どのように逃げ、どのようにしたのか、はっきり覚えておりません」

 −−禁酒はいつ解禁したのか。事件当夜はどれくらい飲んだのか。灰皿にテキーラを入れたのか

 「灰皿にお酒を入れることはしておりません。(禁酒していたが)去年の暮れから飲むようになりました。(当日は)カクテルを3杯ほどと、強いお酒を。シャンパンも1本ほど飲んだ記憶があります。テキーラは確かに、最初に行った店で飲んだ記憶がございます」

 −−今後、酒との付き合いは

 「当分の間、お酒を飲もうという気持ちにならないと思います」

 −−あの日の自分に声をかけるとしたら

 「出かけるのを止めなさい」(会場爆笑)

 −−暴行したメンバーは海老蔵と過去に飲んだことあると言っていたが

 「ああ、そうですか」

 −−酒席で、タレントと同席していたのか

 「いらっしゃったと思いますが、ここでは申し上げられません」

 −−警察に当初、元暴走族リーダーの名前を「言いたくない」とおびえていたのはなぜか

 「捜査中で答えられません」

 −−酒癖が悪く、酔って「おれは人間国宝」と言ったり、野球選手や芸人にからんだという報道もあるが

 「まず私は人間国宝ではございません。そのようなことをしゃべることはありません。(野球選手や芸人についても)記憶にありません」

 −−入院中の屋上で読んでいた本は

 「いろんな本を読んでいて記憶にございませんが、精神的なことが書いてある本だと思います」

 −−携帯電話がなくなったとの報道は事実か

 (海老蔵に代わり、深澤直之弁護士が)「警察が保管して解析中です」

 −−暴走族のリーダーが怖いという話だったが、それではなぜ介抱したのか

 「怖かったので、逃げることはしませんでした。とにかく失礼のないようにと思っていました。(相手が)酔っぱらっていたので、できることをしようと思い、介抱しました」

 −−今回の件で夫婦の絆(きずな)は深まった

 「妻は温かく看病してくれます。絆は深まっていると思います」

 −−リーダー格の男性は全治4週間の唇の裂傷とされているが殴っていないのか

 「はい」

 −−隠していることはないのか

 「言えないことはございませんが、捜査中で言ってはいけないと言われていることがあることは理解していただきたい」

 −−事件後、自宅にまっすぐ帰ったのはなぜ

 「家に帰らなくては。妻の元に戻らなくては。その一心で戻りました」

 

注目情報(PR)