ハコフグかぶる天然キャラ…さかなクン、彼はいったい何者?

2010.12.15


さかなクンが送付したFAX【拡大】

 大発見に一役買ったさかなクンは15日午前、得意のイラストとともに「大変うれしく、感動しております」という手書きのコメントを寄せた。

 イラストはクニマスを5つの視点からスケッチした手の込んだもので、「自然界をこわさずに大事にしていくことを皆様と共に続けます」「ますます宜しく御願い致します」と、マスのダジャレをふんだんに散りばめている。

 さかなクンは東京出身で、公式プロフィルでは年齢を「成魚です」と非公表だが30代半ば。魚との出会いは小学2年生のとき。同級生が描いたタコの絵を見て「こんなかわいい生物が!」と夢中になったのが魚ファンの始まり。専門学校卒業後、熱帯魚ショップで勤務。転機となったのは「TVチャンピオン」(テレビ東京系)の魚通選手権への出演で、5連覇という快挙を成し遂げ、天然のキャラクターがお茶の間に大ウケする。

 ハコフグのかぶり物がトレードマークのタレントとしても活躍。東京海洋大学客員准教授のほか、よしもとおもしろ水族館(横浜)の研究員など肩書きも多い。新鮮な水産物がそろう千葉・館山に住み、料理の腕も磨いている。

 

注目情報(PR)