さかなクン世紀の大発見!絶滅「クニマス」対応急ぐ関係機関

2010.12.15


さかなクン【拡大】

 さかなクン大手柄!! 70年前に地球上から絶滅したとされた秋田県田沢湖の固有種「クニマス」が、さかなクンの目利きがきっかけとなり、山梨県の富士五湖・西湖で生息していたことが15日までに分かった。魚マニアという天然キャラで知られるさかなクンが、世紀の大発見をアシストした。

 きっかけは1枚のイラストの依頼だった。

 京都大総合博物館の中坊徹次教授が、環境省のレッドリストで「絶滅」扱いになっていたクニマスの生き生きとした姿を描いてほしいとさかなクンにイラストの作画を依頼。魚のウロコ1枚にもこだわるほど、繊細なイラストを描くイラストレーターとしても有名なさかなクン。京大にある標本をモデルに描こうとしたが、ひれやウロコの状態がはっきりとわからなかった。

 そこで、中坊教授が「ヒメマスを参考にしたら」とアドバイスし、さかなクンが西湖などからヒメマスを取り寄せたところ、通常のものより黒い個体を発見。今年3月、「どう見てもヒメマスじゃないと思うんです」と、個体を持って中坊教授のもとを訪れた。そのとき教授は「これはクニマスに違いない」と直感したという。

 その後、中坊教授らのグループは西湖に足を運んで同種の個体を捕獲し、色や体の構造や遺伝子解析を行った結果、絶滅したクニマスと断定。

 中坊教授は「さかなクンはホントお手柄です。これから(クニマスを)保護していかなくてはならず大変ですよ」と興奮気味に話す。

 クニマスは田沢湖のみ生息する固有種で、戦前は食用とされていた。発電所工事で酸性の水が流れ込んだ1940年以降、田沢湖のクニマスは死滅したが、絶滅前に放流用として卵10万粒が西湖に移された記録がある。この子孫が代を継いで繁殖し、さかなクンの手元に届いたものとみられている。

     ◇

 今回の大発見に関係機関は対応を急いでいる。環境省では、レッドリストで絶滅種に指定された魚が再発見されたのは初めてのケースで、リストの記述を見直す方針を決めた。西湖の地元漁師の間では「クロマス」と呼ばれ、長年、ヒメマスの一種と考えられていた。ヒメマス釣りは今月末まで可能だが、山梨県花き農水産課は「地元の漁協とも対応を協議するが、年内中にヒメマスも含めて禁漁にするのは難しい」と話している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。