お正月映画の台風の目「キック・アス」立ち見相次ぎ拡大公開へ

2010.12.28


映画「キック・アス」【拡大】

 さえないオタク高校生がスーパーヒーローになりきって奮闘する米映画「キック・アス」が破竹の快進撃だ。18日に公開されるや立ち見満員が相次ぐお正月映画の台風の目となり、急きょ、上映劇場が増えることになった。

 「立ち見でも見られない方が多くて何とかしなければ、ということで決めました」と配給関係者もうれしい悲鳴だ。シネセゾン渋谷、テアトル梅田など全国4館でスタートしたが、25日からはシネ・リーブル池袋、横浜ブルク13など4館が増え、1月1日からお台場シネマメディアージュなど、同8日にもTジョイ大泉など、相次いで上映劇場が増える。

 アクションとブラックユーモアの連続にツイッター、ブログでは絶賛の声がしきり。「劇場に芸能人も相次いでお忍びで来ていると聞いています」と宣伝担当者。

 上映する作品がほぼ決まっているこの時期に劇場が増えるのは異例で、配給会社には全国の劇場から問い合わせが相次いでいるという。宇宙戦艦や魔法使いもうかうかしていられない?!

 

注目情報(PR)