人気AV女優が激白「テレビで出来ないことを…」

★新メーカー「ATOM」発足記念パーティー

2011.01.06


新メーカー「ATOM(アトム)」発足記念パーティー【拡大】

 男性にはおなじみのAV(アダルトビデオ)メーカー「ソフト・オン・デマンドグループ」が新メーカー「ATOM(アトム)」を立ち上げた。その発足を記念して、東京・新宿のライブハウス「ロフトプラスワン」で開かれたレセプションパーティーには、関係者ら約100人が参加した。

 壇上には、ATOMの瀧智樹代表(年齢非公開)と、大沢佑香から改名した人気AV女優の晶エリー(23)、グラビアアイドルから転身した新人AV女優の和葉みれい(20)が白衣姿で登場した。

 女性陣の白衣の下からは時折、セクシーな水着がチラリ。“お約束”のお色気サービスに会場のボルテージは一気に上がった。

 あいさつに立った瀧代表は「長らくテレビ局の制作会社で仕事をしてきました。テレビ制作の原子とAV制作の原子を掛け合わせて新メーカーを作ってみました。飽和状態のAV業界ですが、得意分野の中で戦っていきたい」と闘争宣言。

 続いて、発売予定の新作のプロモーションビデオが上映された。晶と和葉も出演している「ヤラず嫌い女王」は、相手の苦手なプレーを予想してその場で披露し合うという人気テレビ番組にそっくりな企画。「テレビではできないことをAVでやろう」という意欲作が多数発表された。

 途中休憩では、晶と和葉が白衣の前をはだけた極小ビキニ姿で写真撮影に応じる大サービス。撮影時に使われた衣装などが当たる抽選会も行われ、1等当選者に2人の“生パンティー”がプレゼントされると、会場の盛り上がりは最高潮に達した。

 パーティーには、スペシャルゲストとして鳩山来留夫(37)=現在は鵯来留夫に改名=も登場。「ど〜おも、わたくし芸能界から議員辞職してしまいました鳩山来留夫です。瀧さんとの個人的な仲で来させていただきました。まさに友愛でございます」と一斉を風靡(ふうび)したあの口調で演説。

 鳩山由紀夫前首相(63)退陣後、久しぶりの仕事に間が持たなくなったのか「どうか、わたくしを汁男優にしてください!」と下ネタ全開で場をしのぎ、なんとか爆笑のままステージは幕を閉じた。(関淳一)

 

注目情報(PR)