小向美奈子また薬物で逮捕状 体形が崩れ、業界内でウワサも…

2011.02.08


小向美奈子【拡大】

 違法薬物を密売組織から購入したとして、警視庁が麻薬特例法違反(譲り受け)の疑いで、元タレントでストリッパーの小向美奈子容疑者(25)の逮捕状を取ったことが8日、捜査関係者への取材で分かった。

 小向容疑者は2009年2月、東京地裁で覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われ、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けており、現在は執行猶予期間中。

 捜査関係者によると、小向容疑者は昨年、都内でイラン国籍の男らから違法薬物を購入した疑いが持たれている。

 警視庁は昨年10月、都内の路上や駅で覚醒剤を密売していた麻薬密売組織を摘発。イラン国籍の男ら計4人を覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡)などの疑いで逮捕、薬物を購入していた男女20人以上についても逮捕していた。

 捜査関係者によると、その後の捜査で、小向容疑者がこの密売組織の顧客の1人であることが判明した。このため警視庁は麻薬特例法違反容疑で逮捕状を取り所在確認を進めている。

 小向容疑者は昨年夏、団鬼六氏原作の映画「花と蛇3」(成田裕介監督)に主演し、体当たりで緊縛ヌードを披露した。

 夕刊フジの取材に、「私、絶対ドMです!」と恍惚の表情で告白。世界的緊縛師の手による“縛り”に、「体験してみたいと思っていたので楽しかった。何十分も吊されて、降ろしてもらったときが快感でした」と振り返っていた。⇒【吊るされて恍惚の表情】

 さらに、「偏見の目で見る人もいますが、調教はコミュニケーションと愛情の確認なんです。この映画を通じて、調教の素晴らしさを見てほしい。私も知らない世界を見ることができたし、自分も知らない自分に気づいたし、女としてレベルアップしたかな」などと官能女優としての活動にも意欲を見せ、薬物特有のロレツの怪しさなどは見られなかった。

 ただ、関係者によると、最近はおなか周りに肉がついて、体形が崩れたため、ストリップからも距離を置いていたという。「表舞台から姿を消していた。たびたび“薬物と手を切れないのでは”という噂を耳にしたが、まさか逮捕状が出ていたとは」と芸能関係者は驚いている。

 

注目情報(PR)