【芸能ニュース舞台裏】音楽関係者ニヤリ B’z松本のグラミー賞

2011.02.19


B’z松本孝弘とラリー・カールトン【拡大】

 米国のダンスミュージックを巧みに取り込んだK−POPが昨年来、すっかり日本を席巻したかと思ったら、日本のアーティスト4人が米音楽界最高峰のグラミー賞に選ばれ、音楽関係者の溜飲を下げた。

 「とくにポップスでは日本勢初となったB’zの松本孝弘がラリー・カールトンとの共作で受賞したのは素晴しい。もともと日本のギタリストは世界的にもレベルが高く、渡辺香津美や高中正義らフュージョン勢や山本恭司、Char、高崎晃らロック系など層が厚い。それが認められた」(音楽誌編集長)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。