孤島で性の奴隷にされていた女が…「ビー・デビル」

2011.03.26


韓国映画「ビー・デビル」【拡大】

 原題は『キム・ボンナム殺人事件の顛末』。 昨年韓国で公開され、海外の映画祭で数々の賞を受賞。高い評価を受けている。

 都会の生活に疲れたヘウォンは子供の頃に暮らしていた島に旅に出た。そこはわずか9人の住民が暮らすだけの孤島。ヘウォンを迎えたのは、生まれてから一度も島を出たことのない親友ボンナムだった。

 この島でボンナムは地獄のような日々を過ごしていたのだ。村の老人たちから奴隷のように扱われ、夜は義理の弟から体をもてあそばれる。夫は、ボンナムと弟の関係を知りながらも何も言わない。妻に激しい暴力を振るう毎日だ。しかも彼はソウルから呼んだ女とセックスを愉しむ。その横で平然と食事するボンナム。夫がすぐ横でほかの女とセックスしようが関係ない。彼女にとっては日常的なことだった。夫が自分の娘に手を出すまでは…。

 ボンナムを演じるのは女優ソ・ヨンヒ。本作では性の奴隷となる濡れ場に体当たりで臨んでいる。義理の弟にバックから強く突かれても、その表情に“諦め”以外の感情は見えてこない。また、彼女の夫が性欲の塊だ。金で買った女を好き勝手にヤリたい放題。いきなり女の服を脱がせ、すぐにセックスに突入。それだけでは足りず、強引に女の顔を押さえつけてフェラチオも強要する。金のためとはいえ、女もイヤがらない。

 やがて島で恐ろしい出来事が起こり、ボンナムにも変化の兆しが見えた。彼女は太陽を見上げ、ようやく答えを見つける。「我慢すると病気になる」と。だからもう我慢しない。島に地獄絵図のような惨劇が起ころうとしていた。

 こんな救いようのない状況の中でもボンナムは言う。「死ぬくらいなら生きなきゃ」と。監督の強いメッセージを感じた。もっとも恐ろしいのは、この映画を観た女性たちの反応かも。意外とストレスを発散する女性が多いのではないか。(児玉愛子)【エロ度】★★☆☆☆

 ■公開情報…26日から東京・シアターN渋谷、4月9日から大阪・シネマート心斎橋などで哀と狂気のロードショー!!

 

注目情報(PR)