設楽統「こっそり結婚指輪を外しているかも」激白

2011.05.12


「ハガネの女」【拡大】

 「このドラマを観て、泣かない人はあまりいないでしょうね」バナナマンの設楽統(38)が出演している連続ドラマ「ハガネの女」(テレビ朝日系・毎週木曜 午後9時)が今夜、第4話の放送となる。設楽は、主演の吉瀬美智子がふんする小学校教師・ハガネをバックアップする学年主任・先崎を好演中だ。

 「僕には9歳になる娘がいるのですが、モンスターペアレントなど、このドラマで扱っている世界は、実際とそんなに離れてないですよね」

 実はこのドラマ、前作が好評につき、シーズン2の放送なのだ。前作は深夜枠で平均視聴率10・3%を獲得(関東地区・ビデオリサーチ社調べ)。今作では、木曜ドラマ枠へと進出し、「差別」をテーマに、ハガネと生徒たちとの交流を描いている。

 「このドラマの良いところは、普通のドラマだったらハッピーエンドになりがちなところを、現実的な流れのまま、その出来事との折り合いのつけ方をきちんと見せているところです」

 第1話では「国籍差別」を扱った。不法入国で両親が国外退去となった少女・タオが転校してきて、生徒たちと衝突。でも誤解が解け、ようやく心が通じ合うようになったところで、タオも国外退去になるというシビアな展開。抵抗しつつも、変えられない現実と向き合う生徒たちの姿が、視聴者の涙を誘った。

 「ハガネの生徒とのコミュニケーションの取り方は、サラリーマンにも参考になると思います。それに、なんと言っても、吉瀬さんは本当に美人。肌も綺麗だし。ぜひ、見ていただきたい! 台本には書いてないけど、多分、先崎はハガネのことを好きなんじゃないかな? 最終回では、こっそり結婚指輪を外しているかも(笑)」

 

注目情報(PR)