1位取れなかったらブルマ…NMB48“過酷”デビュー

2011.06.06


NMB48【拡大】

 AKB48の妹分で大阪・難波を拠点に活動するアイドルユニット、NMB48が4日、東京・水道橋の東京ドームシティホールで公演を行い、7月20日発売のデビュー曲「絶滅黒髪少女」を初披露した。

 2000人が詰めかける中、会場のスクリーンでは「CD週間チャートでNMB48が1位を取れたら…」と題し、吉本のお笑い芸人勢が登場して公約を発表。ブラックマヨネーズは「ひらかたパークに招待し、乗り物乗り放題、自ら接待します。ソフトクリームもおごります」とNMBへのご褒美を約束すると、次長課長の河本準一(36)も「全員の祝賀会費用を全額負担」と太っ腹?なところをみせた。

 しかし最後に1位を取れなかった場合のNMBへの罰ゲームも告知された。それはなんと「ブルマ姿での公演」。

 山本彩(17)はデビュー曲について、「AKBさんやSKEさんが歌ったことのない曲調なので、これから私たちの色に染めたい」と気合を込めつつ、「姉妹ユニットとして恥ずかしくないような結果を残したい。1位を取れないとブルマで公演しなくちゃいけないので…」。渡辺美優紀(17)は「絶対にイヤです」と、“BRM(ブルマ)48”公演に拒絶反応を示していた。

 

注目情報(PR)