コスプレで活躍、座右の銘は「死ぬわけじゃないし」

2011.06.09


稲垣早希【拡大】

 「新世紀エヴァンゲリオン」のアスカのコスプレ姿で活躍しているのが、桜 稲垣早希である。いま毎日放送の番組「ロケみつ」内の企画コーナー・ブログ旅が大人気で、その第1弾「関西縦断」DVDはオリコンのバラエティー部門、初登場で1位獲得。この番組プロデューサーが出世し、出演者の月亭八光は「毎日放送自体、早希ちゃんにおんぶに抱っこ状態」ともらしている。

 稲垣は人見知りだったが、中学の頃テレビアニメの強気な女の子アスカにハマり憧れた。ラジカセで何回も繰り返し聞いてマネした。高校卒業して、吉本NSCタレントコースの一期生に。女優をめざすが芽が出ず、ある日突然社長室に呼ばれた。「お笑いをやるか会社を移るか、どっちか選べ」と唐突に言われ、仕方なくお笑いを選んだ。

 人気のブログ旅は、稲垣のブログに寄せられた応援コメント数とサイコロの出目によって旅の資金が決まる過酷な旅ロケだ。今は第3弾「目指せ! 鹿児島西日本横断」中で、映画「悪人」のロケ地だった五島列島の大瀬崎灯台あたりにいる。

 旅がスタートした当初が辛かった。アスカの恰好で「泊めてください」と声をかけても、気味悪がられた。スタッフは遠くからカメラを回しているだけで、番組撮影だと気づかれず、傷つき大泣きした。お金がなく、パンの耳をもらって食べたことも。

 でも、挫けなかった。座右の銘は「死ぬわけじゃないし」。神戸の東灘区で阪神大震災を経験。震度7で家がめちゃくちゃ。同級生や先生で亡くなった人も。あの時のことを思ったら、どんなに辛くても大したことないって、「上を向いて歩く」ようにしている。涙を隠しながら鹿児島めざして、歩く。一人ぼっちの夜…。 (演芸評論家・今村荘三)

 

注目情報(PR)