芸能界最速…猫ひろし、カンボジア国籍取得&五輪目指す

2011.06.22


カンボジア国籍を申請中の猫ひろし(中央)は同国の男子マラソン代表を目指し、カンボジアオリンピック委員会のチョモラン理事長(左)と握手をかわした【拡大】

 芸能界最速マラソンランナーとして知られるお笑いタレント、猫ひろし(33)が、本気で来年のロンドン五輪出場を目指すことを表明。しかも、カンボジア人として五輪代表になるというから驚きだ。

 21日に都内で会見した猫は、今年2月にカンボジア国籍取得を申請したことを初めて公表した。11月までには申請が通る見通しという。

 身長147センチ、今年2月の東京マラソンで2時間37分43秒という堂々の自己新を記録した猫。選手層の薄いカンボジアなら五輪も夢ではないというワケ。カンボジアの五輪代表枠は「1」で、11月の東南アジア大会で、2時間26分台の記録を持つ同国最速のブンティン選手を破るか、規定の2時間15分を切れば、晴れて五輪代表となる。

 女子ボクシングでは南海キャンディーズの山崎静代(32)がロンドン五輪を目指している。日本のお笑い界から2人の五輪選手が誕生するかもしれない。

 

注目情報(PR)