元人気アイドル立花理佐さん、9年ぶりに芸能活動再開

2011.06.22


健康的な元気派アイドルとしてデビュー後、女優としても活動を続けてきた立花さん。再始動に注目だ【拡大】

 「ひとり息子が4月から小学生になり、子育ては一段落。それで、9年ぶりに芸能活動を再開することにしたんです。この6月からスカイパーフェクTVのショッピング番組『ミセスマートTV NEO(ネオ)』にレギュラー出演していますよ」

 25日放送予定のバラエティー番組『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)の「ビューティフルライフ」のコーナーに登場。現在の立花さんを知るには見逃せない。

 「主人が経営している渋谷区内の日本そば店や4年前から始めたフラダンスのリポート、それにママ友にも来てもらって“素”の私の日常をお届けします」

 『第1回 ロッテCMアイドルは君だ!コンテスト』でグランプリに輝き、前評判も高く芸能界入りしたのは15歳。そして87年には大ヒットドラマ「毎度お騒がせしますIII」の主役、2代目はるかに抜擢され大ブレークした。同年4月には『疑問』でレコードデビューも果たし、さらに人気はヒートアップ。押しも押されもせぬ人気アイドルとなった。

 「すごく周囲の方に恵まれ、タイミングも良かったんだ思います。『毎度III』のロケ、歌謡番組の出演に全国各地でのコンサート、その合間を縫ってグラビア撮影や取材。ホント、分刻みのスケジュールが組まれ、曜日の感覚が無くなるほど仕事に追われていました」

 90年代に入ると舞台や映画に力を入れ、アイドルから女優に転身した。

 結婚したのは2000年。お相手は元スタイリストで、日本そば店は9年前に開店。終日、厨房に立つ。

 「手打ち、自家製つゆにこだわっていて、私が言うのもなんですが、舌の肥えたそば好きの方に評判がいいようです。仕込みのため、主人の起床は毎朝5時。我が家は早寝早起きなんですよ」

 一時、廣済堂プロダクションに所属していた縁で、中村玉緒さんとは家族ぐるみの付き合いである。

 「“東京のお母ちゃん”ですね。2人で話すときはもちろん関西弁。掛け合いが面白いらしく、よく親子漫才って言われます」

 8月から放映される結婚情報誌「ゼクシィ」のテレビCMには、ご主人や両親と出演。さりげない日常にある家族愛を演じた。

 「これからはドラマや舞台にも、どんどんチャレンジしたいですね」

 公式ブログ『ALoha  Lovers(アロハ ラバーズ)』はほぼ毎日更新。最新情報は要チェックだ。

 ■たちばな・りさ 大阪市西成区出身。1986年「第1回ロッテCM アイドルは君だ! コンテスト」グランプリを獲得。1987年1月から放映の「毎度お騒がせしますIII」で主役に大抜擢されトップアイドルに。同年4月発売の「疑問」でレコードデビューし、その年の日本レコード大賞新人賞受賞。CMや映画に引っ張りだことなった。2000年、結婚。今年から芸能活動再開。

 

注目情報(PR)