後藤真希、無期限活動休止のワケ…引退の可能性も

2011.06.22


アダルトにイメチェンしたばかりだった後藤真希【拡大】

 元モーニング娘。のメンバーで歌手の後藤真希(25)が22日、自身の公式ホームページで来年1月からの無期限活動休止を発表した。このまま引退の可能性もある。ゴマキにいったい何があったのか−。

 この日正午に更新したホームページに後藤は自筆コメントを掲載。理由について「昨年の冬、母という強くて大きな支えを失ったことで」「自分の中に空いた大きな穴が埋められないままなんです」と、2010年1月に母、時子さん(享年55)を失ったことを挙げている。

 そして、「今度はほかの誰でもなく、自分のために生きてみたいと思うようになりました」と引退を示唆するような表現も。「後藤真希という普通の自分に戻ってみたい」としている。

 所属のエイベックスでは、夕刊フジの取材に「今年の3月にマネジャーが相談を受け、話し合いを続けてきた。休止の期限は聞いていない」と話している。

 後藤は1999年8月、モーニング娘。の第3期メンバーとして加入。大ヒット曲「LOVEマシーン」でセンターポジションとなり、グループ内でもトップの人気に躍り出て、ゴマキの愛称で大人から子供まで親しまれる存在となった。2002年9月にモーニング娘。を卒業後も歌手として高い人気を集めていた。

 ところが、2007年10月に実弟が窃盗容疑で逮捕(のち強盗傷害で再逮捕)され、実刑判決。昨年には、母を失うなど、相次ぐ身内のトラブル・悲報に心を痛める日々が続いていた。08年に所属事務所をエイベックスに移籍して心機一転。最近では、アダルトなセクシー路線で音楽活動を再開していた。

 年内はフル活動する予定で、来月に新曲をリリース、夏の「a−nationライブ」にも参加、秋にはアルバムを出し、12月にはソロコンサートも開く予定だ。

 

注目情報(PR)