松井大輔、加藤ローサと電撃デキ婚!電話でアレしてた

2011.06.23


超遠距離交際から華麗に電撃デキ婚を決めた加藤ローサ(写真)と松井大輔【拡大】

 サッカー日本代表で現在は仏2部グルノーブルでプレーするMF松井大輔(30)と女優の加藤ローサ(26)が22日、入籍したことをホームページで公表した。ローサは妊娠4カ月という。松井は再婚となる。

 ドリブルの名手で、昨年のサッカーW杯南アフリカ大会で全試合先発出場し、パラグアイ戦でPKを外して号泣する駒野友一を真っ先に励ます男気で多くの人に感動を与えた松井と、結婚情報誌のCMで注目を集め、明るいキャラクターで人気のローサが、フランスと日本との超長距離恋愛を見事なゴールで飾った。

 ローサはホームページでコメントを発表。「彼とは昨年秋に共通の知人を介して知り合い、今年の初め頃からお付き合いするようになりました。彼との将来を夢見る中で、新しい命を授かったことも判り、夫婦として親として彼と支えあって生きて行くことを決めました」と、半年間の交際で妊娠したことを受け、結婚を決意したとつづっている。入籍した22日はローサの誕生日だった。挙式は未定で、ローサは結婚後も仕事を続ける。

 関係者などによると、交際中の2人はもっぱら“電話デート”を重ね、松井の帰国時に日本で食事をするなど、限られた時間の中で愛をはぐくんでいたという。まだ同居はしていないが、移籍先を模索中の松井が新たな活躍先を見つけ次第、同居を始める見込みだ。松井は引き続き欧州でのプレーを希望しているが、ローサは父親がイタリア人、母が日本人のハーフで、欧州での生活にも支障はなさそうだ。

 かつてローサは俳優、玉木宏(31)との熱愛が報じられていたが、3年前に破局。その後、しばらく熱愛の話はなかったが、まさに電撃デキ婚となった。

 

注目情報(PR)