坂上二郎さん初ベスト盤…ジャケ写は倉庫から“発掘”

★大人のエンタメ

2011.06.29


坂上二郎 ゴールデン☆ベスト【拡大】

 今年3月10日に亡くなったコメディアン、坂上二郎さんの歌を集めたベスト盤CD「坂上二郎 ゴールデン☆ベスト」が29日、発売された。

 これまでコント55号のベストは出ているが、ソロベストは初めて。朗々と伸びるさわやか歌声で知られた二郎さん。

 今回収められた全19曲のうち、一番のヒット曲は1974年11月に発売された「学校の先生」で約30万枚を売り上げ、オリコン最高位は8位を記録。曲の合間の長いナレーションで、人情味たっぷりに薄幸な生徒らを励ますセリフ。物語仕立てが、当時評判を呼んだ。

 芸能生活25周年、コント55号結成15周年記念盤にあたる「生まれたからには/枕詞がたり」を含む13曲の音源が初CD化。ユニコーンと共演した「デーゲーム」(オリコン最高位11位)も収録している。

 販売元のソニーミュージックダイレクトでは、「3月10日に亡くなられ、本来なら、その功績がもっと紹介されるべきところ、震災のため少なかったのが非常に惜しまれる。追悼の意味をこめて制作したが、追悼盤と謳うことは控えました」と話している。

 過去のジャケット写真は、長らくレコード会社の地下倉庫に眠っていたものを探し出し、所属事務所の快諾を得て、歌詞カードなどに使われている。

 

注目情報(PR)