アヤパン“パンチラ”寸前美脚にメロメロ〜♪メガネ賞で見せた色気

2011.10.14


“萌えメガネ”姿とともに脚線美も披露したアヤパン【拡大】

 メガネが似合う著名人を選ぶ恒例の第24回日本メガネベストドレッサー賞。特別賞を得たAKB48に大きなスポットが当たったが、文化界部門受賞の“アヤパン”こと高島彩アナウンサー(32)の受賞の弁が面白かった。

 フジテレビの局アナを経て現在はフリーのアヤパン。10月1日のBSチャンネル多局化では、初めてフジ以外の仕事としてWOWOWの“案内役”を務めたばかり。

 オリコンが2006年以来半年ごとに行っている「好きな女子アナウンサーランキング」では、5連覇を達成して殿堂入りしたほどの人気だが、“メガネ美人”の印象は薄い。11日の授賞式で自身もこう釈明した。

 「大変恐縮しておりまして…。というのもドラマや会議でこれまで、メガネを掛けて出たことがほとんど無く、なのでどうしてこの様な賞を受賞できたのか?」

 そう話しながらも、メガネに頼らざるをえない“事故”が一度だけあったことを明かした。

 「思い返してみると数年前に、フジテレビの大道具倉庫で激しく転倒してしまい、その時に、顔に大きな青アザができました。それを隠すために、メガネを掛けて『めざましテレビ』に3日間ほど出たことがありまして、もしかしたら、その3日間をメガネ業界の方が見てくださっていたのかなと…。青アザを作ってみるもんだなと思います」

 さらに、本音もポロリ。

 「ちょっと公の場ではこれまでメガネを掛けてこなかったのですが、プライベートでは毎日の様にメガネを掛けてまして。と言っても“すっぴん”を隠すためのメガネの着用ですが。素敵な賞を受けたのでこれからは、魅せるため、着飾るためのメガネライフを楽しみたいと思います」

 人気デュオ「ゆず」の北川悠仁(34)との交際がたびたび報じられ、芸能マスコミに追いかけられるアヤパンの“変装メガネ”で受賞とは、何ともフクザツ?

 

注目情報(PR)