NHK有働アナ、アソコの締まり実演!朝から“あえぎ声”大反響!

2011.10.20


NHKの有働由美子アナウンサー【拡大】

 何かと話題のNHKの朝の情報番組「あさイチ」で19日に放送されたセックスレス特集が、またまた凄かった。なにせ司会の有働由美子アナ(42)自ら“膣の締まり”を鍛える実演で声を漏らす熱心さ。批判も含めた番組あてのファクスが殺到する大反響だ。

 この日のテーマは「セックスレス 拒否する女性たち」。専門家の泌尿器科医の関口由紀さん、産婦人科医の宋美玄さんを迎え、ゲストに小島慶子(39)、杉本彩(43)、とよた真帆(44)と濃い顔ぶれ。

 「膣の表面を触っただけで痛くなる知覚過敏」など、セックスレスの引き金となる外陰痛症候群の深刻な悩みなどに専門医が答えた。

 途中、杉本が「なぜ朝から…というご意見もいただいてますが、セックス・イコール・エロと考えすぎ。身体の不調を話すのは普通のこと」とフォローする一幕も。

 尿もれなどに関係する骨盤底筋を鍛えることで、「膣の締まりがよくなる」とされる磁気治療の紹介では、有働アナ自らイスに座って体験。

 「あっ! あ〜。何かピクピクする。初めての感覚」と悩ましい声を上げてリポートする映像が映り、スタジオでは「表現、大丈夫かな?」と小声で自問自答するほど目を引く場面があった。

 番組終盤までに寄せられたファクスは1760通と大反響。46歳男性の「男性が見る夜の時間帯にも放送してください」という意見も読み上げられたが、男性司会者の井ノ原快彦(35)と柳澤秀夫解説委員(58)は、終始うつむきがちで寡黙だった。

 セックスレス特集は、昨年も反響を呼び、同時間帯では好調な10%前後の視聴率を保つ同番組のキラーコンテンツともいえる。

 夫婦問題に詳しい「東京家族ラボ」主宰、池内ひろ美さん(49)は、「時代は変わった。セックスに関することは“秘め事”というのが日本的文化だったが、それを朝の時間に公共放送でオープンに扱えるのは感慨深い」としみじみ。

 続けて、「苦言もあるだろうが、テレビでやる意味はある。閉経後の痛みから妻の側に拒否されたと感じた夫が、浮気に走って離婚に至るケースもある。セックスの悩みは女性同士でも言いづらいことで、夫婦で情報が必要」と評価する。

 それにしても、有働アナの喘ぎ声は、ちょっと狙いすぎでは?

 

注目情報(PR)