俳優・武田鉄矢、心臓疾患で緊急手術!

2011.10.27


武田鉄矢【拡大】

 ベテラン歌手で俳優の武田鉄矢(62)が心臓疾患のため緊急入院し、手術していたことが27日、分かった。

 関係者などによると、武田は大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう)のため今月21日、都内の大学病院で大動脈弁置換手術を行ったという。手術は無事成功し、現在は一般病棟で治療中で経過も良好だという。

 今後はリハビリの後、11月上旬には退院の予定。

 武田は生まれたときから、「先天性二尖弁(にしょうべん)」という疾患を抱え、本来は3枚あるはずの大動脈の弁尖が2枚しかない状態だったという。

 このため、約10年前から狭窄症の症状があり、芸能活動のスケジュール調整をしながら手術をする計画を立てていたといい、関係者は「緊急入院ではなく前々から予定していた計画入院治療」と強調している。

 武田は福岡県出身。福岡教育大在学中にフォークグループ「海援隊」を結成し、73年に「母に捧げるバラード」が大ヒット。77年、「幸福の黄色いハンカチ」で映画に初出演し、俳優としても高い評価を得た。79年にスタートしたドラマ「3年B組金八先生」の主演で国民的人気を獲得した。坂本龍馬に心酔していることは有名。1日に故郷の球団、福岡ソフトバンクがリーグ優勝を果たした際には一部マスコミの取材に「心からおめでとうと言いたい」と喜んでいた。

 【大動脈弁狭窄症】心臓の左心室から大動脈への血液の流出路にある「大動脈弁」の口が狭まり、全身に血液が送り出されにくくなる疾患。激しく動いたときの息切れで分かることもあるが、多くは無症状のまま進行し、診察時に心雑音で発見されることが多い。主な原因は先天性、リウマチ性、加齢変性性の3つがあり、近年は加齢変性性が増加傾向にある。

 

注目情報(PR)