クロード・チアリ“長男”暴行の全内幕…父親は取材にピリピリ

2012.02.08


智有クリスチャン容疑者【拡大】

 自宅で妻(38)と義母(77)に暴行を働いたとして、暴行の現行犯で逮捕されたギタリスト、クロード・チアリ(67)の長男、智有クリスチャン容疑者(32)。2009年に無許可でラウンジを経営していたとして摘発された際には、家族から、「納得できない」などの声があがっていたが、今度は身内からの通報での逮捕劇となった。

 兵庫県警芦屋署によると、芦屋市内にあるクリスチャン容疑者の自宅から110番があったのは7日午前4時15分ごろ。最初は義母が通報し、約3分後には妻が電話口で「早く来て! 殺される!!」などと切羽詰まった声で叫んだという。署員が自宅に駆けつけると、すでにクリスチャン容疑者は落ち着いた様子だったが、妻が「髪の毛を引っ張られた」、義母が「(容疑者が蹴った)イスが腰に当たった」などと訴えたために、現行犯逮捕となった。

 調べでは、借金問題をきっかけに激しい夫婦げんかとなり、大声で怒鳴り合ったとみられる。クリスチャン容疑者は「もみ合ったけど暴行はしていない」と否認。同容疑者は酒を飲んでいたようだが、同署では「判断能力を失うほどではない」としている。

 クリスチャン容疑者は、ミュージシャンとして活動しながら講演会などにも呼ばれ、青年実業家としても注目をされていた。しかし、09年11月に芦屋市内でラウンジを無許可営業していたことがわかり、夫婦ともども風営法違反で逮捕される事態に発展。クロードは「警察のやり方に疑問を感じる」などと息子らを養護する発言をしていた。翌年にクロードが音楽生活50周年を記念したコンサートには、クリスチャン容疑者も参加するなど仲むつまじいところを見せていた。

 大したケガはなかったとはいえ、今回は身内の告発による逮捕劇。個人事務所に連絡を取ってみると、クロード本人が出てきて「息子の話なら結構です」と言ってすぐ電話を切った。

 

注目情報(PR)