女優・佐久間良子、大俳優との“不倫”告白!止まらぬ“灼熱の恋”

2012.02.10


鶴田浩二さんとの50年前の不倫を告白した佐久間良子【拡大】

 通勤電車で記事に見入ったサラリーマンも多かったのではないか。女優の佐久間良子(72)が日本経済新聞で連載中の『私の履歴書』の中で、往年の映画スター、故鶴田浩二さん(享年62)との不倫を赤裸々に告白している。

 連載は今月1日から始まり、前回まではオーディションで水着審査を拒否したり、撮影所内で「佐久間良子を守る会」が結成されるなど、清純派女優としてのエピソードが紹介されていた。

 ところが10日付の第10回で様相が一変、22歳だった佐久間が14歳年上の鶴田さんと出会った瞬間の描写から始まる。

 《「怖い…」というのが初対面の印象》で、共演中も雑談にも応じてくれず、佐久間はノイローゼ気味だったという。ところが共演2作目の撮影中に突然、鶴田さんから「お茶でも飲まないか」とさわやかな笑顔で誘われる。《今から思えば、これが「大人の恋の駆け引き」だったのかもしれない》と述懐する。

 鶴田さんは妻子ある身。《私は「不倫」という言葉は好きではない。だが2人はもはや誰も止めることができない「灼熱の恋」に駆り立てられていた》と思いを明かす。恋愛関係は数年間続いたが、《私の若い恋心は、湖に浮かぶ木の葉のように激しく揺れ動いていた》と文芸映画さながらのロマンチックな表現で50年前の甘美な思い出を語っている。

 

注目情報(PR)