オセロ中島もハマった“洗脳”その恐怖の実態を暴く!

2012.02.16


女霊能師のもとで洗脳状態にあるというオセロの中島。芸能界への復帰が危ぶまれている(写真はコラージュ)【拡大】

 東京都渋谷区の自宅マンションなどの立ち退き訴訟が明るみに出た女性お笑いコンビ、オセロ・中島知子(40)の芸能界復帰が危ぶまれている。同居する女霊能師の強い影響下にあり、「マインドコントロールを受けているような状態になっている」(関係者)ためだ。中島のみならず、これまで数多くの著名人がハマった洗脳の罠。なぜ、彼らは得体の知れない霊能師やカルト団体の手に堕ちてしまうのか。そのメカニズムと解決法を徹底検証した。

 長期休養で表舞台から姿を消した中島。隠遁生活には常に女霊能師の影がつきまとっている。

 「『神の計画』と称して外食に連れ回すなど、中島を意のままに操っている。中島と知り合う前にも5、6人の犠牲者がいたと聞きます。うち1人は3000万円分の被害にあったという話もあるほどです」(中島の事務所関係者)

 関係者の間では「度重なる失恋と仕事への不安につけこまれた」と指摘する声もあるが、こうした境遇に陥ったのは中島だけに留まらない。

 過去にも多くの著名人が「洗脳」や「マインドコントロール」の被害にあっているのだ。

 1992年には、タレントで作家の飯星景子さん(48)が、キリスト教系の新興宗教「統一教会」に入信。同年には、元新体操選手のタレント、山崎浩子さん(52)が同教会が主催する合同結婚式に参加して世間を騒がせた。

 「家族と引き離して入信を迫る勧誘方法が『洗脳に近い』と問題になった。2人は親族らの説得を受けて脱会。山崎が脱会後に開いた会見で、『マインドコントロール』という言葉が一般に認知されるきっかけになりました」(当時を知る芸能リポーター)

 10年には、ロックグループ、X JAPANのToshl(46)が、12年間在籍した自己啓発セミナー「ホームオブハート」からの脱会を宣言。主宰者のMASAYAこと倉渕透氏を中心とした同セミナーの実態を暴露した。

 他にも現役横綱を意のままに操った整体師や、プロ野球選手と師弟関係を結んだ武術家など、スピリチュアルな世界に引かれる著名人は後を絶たない。そもそも「洗脳」や「マインドコントロール」とは何なのか。

 カルト問題に詳しい宗教学者の島田裕巳氏は、「『洗脳』は、人を隔離して拘束し違った思想や人格を植え付けること。朝鮮戦争のとき、中国共産党が米軍捕虜に共産思想をたたき込むために利用したのが始まりと言われています。それに対して物理的に拘束することなく洗脳していくのが『マインドコントロール』です」と説明する。

 厳密には、特定の思想を持った集団によって行われる行為を指す。

 カルトによる組織的なもの以外でも、「個人」が、相手を過度な依存状態に陥れるのも広義の「洗脳」という。

 島田氏はこうした輩の特徴として「精神的に弱っているところにつけ込み、いかにも自発的に信じていると思わせながらコントロールするのが常套手段」と指摘する。

 カルトを調査し続ける公安調査庁関係者は、「オウム事件以降、個人に毛が生えた程度の小規模なカルトはむしろ増えている。こうした連中は、自己啓発セミナーなどを通して獲物を探す。典型的な手口のひとつが、ひたすら勧誘相手に好意を降り注ぐ、『ラブ・ボミング(愛の爆撃)』、あるいは『ラブ・シャワー(愛のシャワー)』とよばれる心理学的な手法。あの手この手で相手の信頼を得て徐々に自分の支配下に置いていく」と指摘する。

 では、なぜ「人生の勝者」ともいえる著名人がこうしたわなにハマるのか。

 「芸能人だけではなく政治家、経済人、スポーツ選手にもスピリチュアルな助言を求める人は多い。彼らは不安定な状況下で、自分で決断しなければいけない立場にあるため、孤独になりがち。そのために、心のよりどころをそういう所に求めてしまうのです」(島田氏)

 われわれ一般人も無縁な話ではない。オウム真理教事件では、元教祖の麻原彰晃死刑囚(56)=本名・松本智津夫=が、空中浮遊などの“超能力”を発揮する写真を見せるなどして、東大、京大など高学歴の若者や現役医師を次々と入信させている。

 「洗脳」にかかりやすい性格、タイプには特徴があるようだ。

 「(1)自己評価が低い(2)周囲から孤立している(3)プライドが高い−という条件がそろった人はつけ込まれやすい。環境の影響も大きく、精神的に落ち込んでいる時に洗脳の危険は一気に高まります。中島さんも何らかのキッカケで心の病を患い、その心の隙間につけ込まれた疑いが強い」(同)

 一度かかると解けるまでに時間がかかるのも「洗脳」の厄介な点だ。

 カルト問題を長年取材してきたジャーナリストで参院議員の有田芳生氏は、「家族があきらめることなく、しっかりとケアしてあげることが大事。霊能師との接触を完全に断たせ、カルトからの脱会者などを診た経験を持つ専門のカウンセリングを受けさせれば1カ月くらいで洗脳は解けます」と助言する。

 前出の飯星さんと山崎さん、Toshiの3人は、いずれも洗脳を克服。見事に社会復帰を果たした。

 同じ境遇を経験した“先輩”から、中島へのアドバイスを求めたが、いずれも「取材には応じられない」と言うのみだった。再び中島の笑顔が見られる日がくるのか。

関連記事
 ⇒【オセロ中島、おぞましい“洗脳”の実態…俳優・本木もついに提訴】
 ⇒【オセロ中島、知られざるマンション生活…肉料理とナゾの中年女性】
 ⇒【オセロ中島“転落”の軌跡…破局→不倫】

 

注目情報(PR)