オセロ中島を洗脳した“女霊能師”その“素性と手口”全真相

2012.02.17


女霊能師と“籠城”を続けるオセロ中島【拡大】

 東京都渋谷区の自宅マンションなどの家賃滞納を機に発覚した、お笑いコンビ、オセロ・中島知子(40)の「洗脳騒動」は、立ち退き訴訟にまで発展している。そんな中、「洗脳の末に中島を追い込んだ」(関係者)とされる女霊能師の素性や“手口”の全容が明らかになった。中島の周辺から相談を受けたジャーナリストで参院議員の有田芳生氏ら関係者の証言をもとに、騒動の全真相に迫った。

 中島は、滞納中の家賃支払いを巡り、事務所として使用するマンションを管理する不動産管理会社と、自宅マンションの大家である俳優の本木雅弘(46)から訴訟を起こされている。その騒動の鍵を握るのは、親族3人を引き連れて「中島に寄生している」(事務所関係者)女霊能師だ。管理会社との訴訟でも「中島と共謀の上、(中略)占有し続けるための策を弄している」と名指しされた女霊能師とは一体、何者なのか。

 「名前はI・R。大分県出身の43歳で、地元のタウン誌編集部などで働いた後に上京しています。東京ではライターなどマスコミ関係の仕事に就き、そのコネを生かして芸能界での人脈を広げたようです」(事情を知る芸能関係者)

 複数の関係者によると、I氏が「霊能者」を自称するようになったのは1999年ごろ。知り合った人に「占いや家相診断、除霊もできる」と持ちかけ、喫茶店などで“営業”をしていたようだ。

 中島の関係者から相談を持ちかけられた有田氏は、「特徴的なのは『神の計画』という言葉。『神様のお告げを代弁している』として、対象者の行動をコントロールするのです。でも、ほとんどがその日の献立に関することばかり。自分の欲望を、神の名をかたってかなえているように映ります」と断じる。

 有田氏によると、ターゲットを見定めて相手にとことん取り入るのがI氏の常套手段。衣食住、すべての生活を相手に依存するようになるのだという。

 「中島さん以外にも5、6人が被害に遭っています。相手に3000万円吐き出させたこともあったと聞いています」(有田氏)

 「I氏は中島に肉をリクエストすることが多かった」(前出の関係者)といい、自宅近くの焼き肉店にしばしば2人で訪れていたという。そんな偏った食生活のせいで、中島自身も「激太りしてしまった」(同)。

 I氏は、その“ルックス”も特徴的。1995年の地下鉄サリン事件で特別手配されている元オウム真理教信者の菊地直子容疑者(40)に「そっくり」(関係者)というのだ。

 I氏の写真を見た有田氏も「たしかに似ている」と認める。あまりに似ているため、中島の関係者が、オウム真理教に関する報道で有名になった有田氏の元にI氏の情報を持ち込んだとも。

 「相談があったのは確かです。中島さんの関係者を通じて警察に情報が持ち込まれ、内偵に動きました。指紋照合で別人だとわかったようですが、I氏の生育歴なども調べたと聞いています」(有田氏)

 そんなI氏と籠城を続ける中島。一部週刊誌は、室内の中島の様子を見た関係者の証言として、「じっと虚空を見つめていた」「座禅を組んでいた」などと報じた。14日に東京地裁で行われた管理会社との裁判の第1回口頭弁論でも、「盗難被害を警視総監に相談している」という支離滅裂な発言が明らかになっている。

関連記事
 ⇒【オセロ中島もハマった“洗脳”その恐怖の実態を暴く!】
 ⇒【オセロ中島、おぞましい“洗脳”の実態…俳優・本木もついに提訴】
 ⇒【オセロ中島“転落”の軌跡…破局→不倫】

 

注目情報(PR)