良い風俗店の見分け方を教えて下さい

★(10)

2012.03.16


長谷川華【拡大】

 風俗店「カサブランカ」グループ(http://blog.casa-b.jp/)の代表、長谷川華です。風俗業界で経験してきた知識や体験をもとに、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。10回目は、30代半ばの男性からの「良い風俗店を見分ける方法は?」という相談です。

 ■相談内容

 ハッシーといいます。あるデリヘルで19歳の女のコを指名したところ、約束の時間から1時間以上も遅れた上、やって来たのは40代半ばのおばさんでした。しかも、HPには「初回キャンセル無料」と書いてあるのに、「キャンセルしてもお金は返ってこない」と言われました。さらに「写真の女のコなんて1人もいない」と言い出す始末。もう風俗でハズレはコリゴリ。良い風俗店の見分け方を教えてください。

 ■アドバイス

 いまどきそんなヒドイ営業をしている店があるとは驚きです。「真面目に営業している風俗店なら最低限これくらいのことは当たり前にできている」という、ガイドラインみたいなものを紹介しますので参考にしてください。

 まずはお店探しから。風俗情報誌を購入するか、風俗系のポータルサイトにアクセスして、自分の好みのお店を見つけます。雑誌やポータルサイトへの広告掲載は警察への届出書が必要になるため、違法営業店を選ぶリスクを回避できます。

 気になるお店を見つけたら、オフィシャルサイトにアクセスしてみましょう。最初にチェックするのは更新状況。画像や動画、出勤情報、掲示板など、こまめに情報を更新しているお店は、真面目に営業している確率が高いからです。

 次に、料金やシステムを確認します。60分○○円、90分○○円といった基本料金はもちろんのこと、オプション料金や延長、指名料にキャンセル料など、明確に分かりやすく表示されているかどうか見ます。激安店などでは、基本料金は安くても一般的なサービスを受けるには追加料金が発生するケースがあるからです。

 続いて在籍している女のコをチェックします。ここでポイントになるのは写真。風俗店が取り扱う商品は女のコですから、キレイな写真を表示するのは当然です。在籍嬢の写真が全員1枚しかないとか、ネットで拾ったと思われるような写真を使っているのは問題外。プロがちゃんと撮影したような写真を掲載している=女のコを売り出すためにお金を使っていることが大切です。

 出勤表も見るようにしましょう。デリヘル業界では、女のコの出勤率は高くても40%、平均20〜30%といわれています。つまり、在籍嬢が50人なら、多くて20人前後、少なければ10人くらい出勤するのが妥当な人数です。もし40人近く出勤していたら、架空の女のコが多いと判断して間違いないでしょう。

 架空在籍を見分けるには、女のコの日記や写メ掲示板などもチェックポイント。在籍人数が多いのに全然更新されていなかったりするお店は怪しいですね。掲示板やブログがよく更新されている女のコはお客さんとのコミュニケーションをしっかり取ろうという姿勢があるので、いい接客をしてくれる可能性が高いです。

 ここまでの条件をクリアしていれば、ハズレの店である可能性はかなり低くなります。が、実を言うと、一番チェックしてほしいのが電話応対なんです。真面目に営業しているお店は、スタッフへの教育も行き届いているので、できるだけお客さまの要望に応えられるよう、丁寧な対応を心掛けているはずなんです。

・電話に出た際、「はい、○○店です」と先に店名を名乗るかどうか

・ちゃんと丁寧な言葉遣いができているか(敬語が使えるかどうか)

・声に覇気があるかどうか

・タトーの有無など、女のコに不利益な情報を伝えるかどうか

・女のコの到着時間を伝えるかどうか

・料金やシステムの内容を説明するかどうか

・割引やキャンペーンなどの情報を提案してくれるかどうか

 接客業である以上、これくらいの電話応対はできて当たり前です。顔の見えない相手だからこそ細心の注意を払おうと心がけているお店であれば、決して不快な思いをせずに楽しく遊んでいただけると思います。自分の好みやタイプをしっかり伝えていい出会いをしてくださいね!

 ■長谷川華(はせがわ・はな) 中国地方で最大規模の風俗店「カサブランカ」グループ代表、作家。38歳。バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で6年目で、現在、広島、岡山、山口、大阪でデリバリーヘルス(デリヘル)など11店舗を展開している。昨年「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版した。公式ブログ http://blog.casa-b.jp/ も要チェック。

 

注目情報(PR)