【話題の本】“呼吸法”会得で地震でもパニック回避

★(下)北川貴英著「ストレス、パニックを消す!最強の呼吸法 システマ・ブリージング」(マガジンハウス)

2012.03.18


最強の呼吸法【拡大】

 −−執筆期間

 「4カ月ほどかかりました。途中でモスクワへ行き、再度、創始者のクラスを受けて(ロシアの武術)システマの理解を深めました。そうすることで、今まで漠然と理解していたことをハッキリさせることができ、分かりやすく言葉にすることができました」

 −−システマとの出会い

 「もともと武道が好きで、会社員からフリーランスに転向した際にモスクワなどで集中的に勉強しました。そのとき、呼吸法によって自分の能力が最大限に出せることを実感したので、この効果をより多くの日本人に活用してもらいたいと思ったんです」

 −−カルチャースクールでも教えている

 「3歳から70歳の男女の方に教えています。生徒さんからは、『気分がコントロールできるようになった』『地震がきたときも慌てなかった』など、ご好評いただいています」

 −−今後、首都圏直下型地震もささやかれている

 「地震のときにパニックにならないように、この呼吸法を会得されるといいと思います。人は緊張をすると視野が狭くなるので、呼吸法を使って、視野を広げることが大切なんです。広がった視野の先に、助かる方法があるかもしれません」

 《脳からの指令に逆らって、肉体をリラックスさせられる鍵となるのが「呼吸」》

 「緊張するのは仕方がないこと。だから、どうやって速やかに回復するかが大切なんです」

 −−本の反響が大きい

 「今までは武術としてシステマを習う人が多かったのですが、本を出してからは、セルフコンディショニングとして使いたいという人が増えました」

 −−今後の目標

 「僕はパイプ役に過ぎません。システマの魅力をより日本に伝えられるように、僕ももっともっと勉強して、理解を深めていきたいです」 (加藤弓子)

 ■あらすじ 不安やストレスの元は恐怖心。その恐怖を消す鍵となるのが、ロシアの武術・システマの呼吸法だ。本書では、恐怖のからくりと解消の方法を紹介。ロシアのトップアスリートにも採用されている呼吸法で、ストレスやパニックも解消できる。(マガジンハウス・1365円)

 ■きたがわ・たかひで 1975年6月13日、東京生まれ。システマインストラクター。08年にシステマの創始者・ミカエル・リャブコより日本人では2人目の公認インストラクターに認定。現在は首都圏各地のカルチャースクールでクラスを持つほか、学校や防衛大学の課外授業などでも指導。

 

注目情報(PR)