元アイドル宮前真樹、青山でカフェ経営

★元アイドルグループ「CoCo」の宮前真樹さん

2012.04.20


元アイドルグループ「CoCo」宮前真樹さん【拡大】

 「開店したのは2年前の10月4日。旬の有機・無農薬野菜をメーンに、基本メニューは私が考え、スタッフと一緒にアイデアを出し合って構成するスタイルです」

 宮前がこう話すカフェレストラン「M.NATURE(エム・ナチューレ)」は、東京・渋谷の青山学院大学脇の路地にある。

 タレントの副業ではない。在日フランス大使館も関わる料理学校「ル・コルドン・ブルー」のディプロマ(卒業証明書)を持つ料理研究家として経営に携わる。

 「芸能活動の息抜きに通いはじめたケーキ教室が楽しくて、いつのまにか芸能のお仕事は二の次に。歌手、宮前真樹は8年前の4月に引退しましたが、その3年ほど前からケーキ教室のアシスタントをしていたんです」

 松田聖子に憧れ、アイドルグループ「CoCo」のメンバーとして「EQUALロマンス」で歌手デビューしたのは1989年9月。まだ高校1年生だった。

 「忘れられないのはライブやコンサートですね。ステージと客席が一体となる瞬間の興奮と心地よさ、幸福感こそがアイドルの醍醐味」

 “アイドル冬の時代”と言われた90年代前半を駆け抜け、92年5月には、86年9月のおニャン子クラブ以来の女子アイドルグループ日本武道館コンサートを成功させた。まさにトップアイドルの座にいた。

 だが94年9月、14枚のシングルと6枚のオリジナルアルバムを残しグループは解散。その後はソロ歌手、タレントとして活動し、04年4月で活動をいったん休止。料理一本の生活がはじまった。

 「ケーキを学ぶうちに『料理の基礎も』と欲が出たら止まらなくなったんです。知人の農家に通い、田植えや稲刈りも体験」するほど食材の安心・安全に関心を持った。

 そして「誠実な」カフェレストランの経営を決断。徳島のブランド卵「地養卵」をたっぷり使った自家製ケーキ、オムライスが好評という。

 いまなお独身。4月16日のブログに「たいせつな人」と題する意味シンなコメントが…。

 「結婚願望はあるんです。出会いとタイミング次第ってことにしておいてください」

 ■みやまえ・まき 1973年1月16日、東京都出身。89年9月、フジテレビ系『パラダイスGoGo!!』乙女塾1期生に選ばれ、アイドルグループ「CoCo」を結成。当初メンバーは5人で、宮前のほか、羽田惠理香、大野幹代、三浦理恵子、瀬能あづさ(途中脱退)だった。

 「M.NATURE」(渋谷区渋谷2の2の3 ルカビル2)で宮前は「ほとんど毎日出勤して、忙しい時は皿洗いをしています」。着席35人、立食50人までの各種パーティーも可能。

 

注目情報(PR)