デリヘル嬢を好きになってしまいました

★(15)

2012.04.20


長谷川華【拡大】

 風俗店「カサブランカ」グループ(http://blog.casa-b.jp/)の代表、長谷川華です。風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。今回は、風俗店でアルバイトをしているという20代後半の男性から「店の女のコを好きになってしまい悩んでいます」という相談です。

 ■相談内容

 昨年夏ごろからアルバイトでデリヘルのドライバーをしています。新人の女のコと送迎しているうちに仲良くなり、お菓子やジュースの差し入れをもらうようになりました。話をしても、「彼女いないんですか?」とか「○○さん(僕の名前)でよかった」とか、気のあるような素ぶりを見せます。店のオーナーからは、女のコへの個人的な連絡や恋愛は禁止といわれていますが、彼女のことが気になって仕方ありません。自分の気持ちを伝えようか迷っています。

 ■アドバイス

 相談者さんのようにデリヘルの送迎をしていると、デリヘル嬢の素顔(ホンネ)を見聞きすることが多いと思います。女性不信になりそうなほど表と裏の顔がある女のコもいれば、とても気遣いのできる優しいコもいることでしょう。実は、この素顔(ホンネ)が見えやすい環境にいるときの女のコの態度こそが、人気嬢のバロメーターといっても過言ではありません。本当に性格の良い女のコは、身内(スタッフ)に対してもちゃんと気が遣えるってことなんです。

 誰に対しても笑顔で優しく接して、知らない間に相手をその気にさせてしまう人っていますよね。そういう人は「みんなから好かれたい!」という思いが強いようで、相談者さんが出会った新人の女のコも、おそらくその手のタイプじゃないかと思います。

 ところで、不倫や社内恋愛といった、禁断の恋って盛り上がりますよね。今回の相談者さんの場合も、お店の女のコとの“恋愛禁止”というルールに背かなければいけない。しかも相手の女のコが自分に気があるように見えるなら、なおさら気持ちが燃え上がってしまいますよね。

 今、相談者さんに必要なのは、冷静になることです。風俗の世界で働いている女のコたちは、理由はどうであれお金を稼ぐ必要があります。仮に相談者さんが気持ちを伝えて、恋人同士になったとしましょう。もしそれで女のコが仕事への意欲をなくせば、あなたが責任を持って彼女の人生を背負わなければなりません。逆にフラれたとしましょう。お互いがギクシャクしてしまい、仕事に支障をきたすことは目に見えています。

 恋愛禁止というルールを破ってまで、女のコに気持ちを伝えることにメリットはありません。それでも好きだという気持ちを抑えきれないのなら、相談者さんが気持ちを伝えるべき相手は、オーナーさんではないでしょうか。最悪の場合、解雇されるかもしれません。もし、それくらいの覚悟がないようなら、やめた方がいいでしょう。

 ■長谷川華(はせがわ・はな) 中国地方で最大規模の風俗店「カサブランカ」グループ代表、作家。38歳。バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で7年目で、現在、広島、岡山、山口、大阪でデリバリーヘルス(デリヘル)など11店舗を展開している。昨年「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。公式ブログ http://blog.casa-b.jp/ も要チェック。

 

注目情報(PR)