NHK美人アナの“つぶやき番組”にゾッコン!

2012.06.15


橋本奈穂子アナ【拡大】

 老眼オヤジにはハードルが高くて(細かい字が見づらくて)、いや単に面倒くさくて自分からやる気はさらさらないけど、ツイッターが面白いに違いないことはおおよそ見当がつく。

 4月からNHKが月〜金の深夜24時から放送している「NEWS WEB24」。

 橋本奈穂子という頭のキレそうな若い美人キャスターが仕切り、向かい合わせに日替わりの男性ネットナビゲーターが座ってああだこうだとコメントするのだけど、このネットナビゲーターの連中のたたずまいが、いまは亡き筑紫哲也さんがかつて『朝日ジャーナル』編集長時代に連載した「新人類」っぽさと同じ感じ(やや薄いけど)をただよわせていて、とうに彼らの年齢を追い越してしまったオヤジには、ちょっとだけ気になっている。

 「NEWS23」の筑紫哲也さんが存命だったら、この番組タイトルと内容を見てどんな感想を言っただろうか。

 ともあれ、この番組、ツイッターをフル活用した視聴者参加型が最大の売りとなっている。

 夜更けのショボショボ眼のオヤジにはマジ辛いのだけど、視聴者の「つぶやき」が画面下に次々流れ、いやでも読まされてしまう。

 ところがオヤジ、今月になってハード面で視聴環境が改善された(40インチテレビ&老眼鏡購入!!)。そのとたん、読まされるどころか、この「つぶやき」にすっかりハマってしまったのですよ。

 橋本奈穂子キャスターが読み上げるニュースを聞いてわが家のダイガクセイが横でもらす感想や、オヤジ自身が思ったことと同レベルの「つぶやき」が、スイスイと画面下を流れていく。

 これがなぜか、不思議な快感、癒やし感、ストレス解消効果を持っているようなのだ。

 ニュース番組に癒やされるなんて、「ツイ」ぞ思わなかったなぁ。(新橋のネクタイ巻き)

 

注目情報(PR)