イエローキャブ社長が自殺…小池栄子ら“巨乳”アイドル所属

2012.06.29


新ドラマを控えた佐藤江梨子の心境は−【拡大】

 小池栄子(31)や佐藤江梨子(30)らグラビアアイドル出身のタレントや女優が所属している芸能事務所「イエローキャブ」の帯刀(おびなた)孝則社長(58)が28日午後、東京都港区南青山の事務所内で死亡したことがわかった。関係者によると、首をつって自殺したものとみられる。

 複数の関係者によると、帯刀氏は28日午後3時20分ごろ、南青山にあるビル4階の事務所内のトイレで首をつっているところを事務所スタッフに発見された。すぐに病院に搬送されたが、死亡が確認されたという。警視庁は現場の状況などから自殺を図った可能性があるとみて調べている。

 同事務所の広報担当者はこの件について、「事務所内で倒れた。死因は心筋梗塞」としている。

 帯刀氏は同事務所系列の制作会社出身。プロデューサーを経て社長に就任した。

 今月中旬には、加盟する業界団体の会合に出席したが、「あいさつを交わしたが、特に変わった様子は見られなかった。悩んでいたようにも見えなかったが…」(出席者)という。7月から佐藤が出演する連続ドラマがスタートする予定で、プロモーション活動を精力的にこなしていた。

 ただ、事情を知る関係者は、「小池、佐藤はともかく、その後を継ぐ所属タレントが現れず、事務所は火の車だったようだ。稼ぎ頭の小池のCM出演料が主な収入源だが、頼みの小池もプロレスラーの夫の借金返済に追われており、資金面でかなり苦しい状況に追い込まれていた」と話す。

 もともとイエローキャブは一時期、“巨乳グラビアアイドル”で芸能界を席巻した有名事務所だった。

 1980年代から90年代にかけ、社長として辣腕をふるった野田義治氏がグラドル路線を確立。堀江しのぶさんに始まり、かとうれいこ、細川ふみえ、雛形あきこら、人気グラドルを揃えて大手芸能事務所の一角に名乗りを挙げるまでになった。

 だが04年、経営路線をめぐる対立から野田氏が去り、大半のタレントも野田氏に追随。事務所は女優路線に転向し、残った小池、佐藤らが事務所を支えていた。

 

注目情報(PR)