リピーターがつくデリヘル嬢になりたい!どうすればいい?

★(30)

2012.08.10


長谷川華【拡大】

 風俗店「カサブランカ」グループ(http://blog.casa-b.jp/)の代表、長谷川華です。風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。今回は、20代のデリヘル嬢から「容姿や接客に自信がありませんが、どうやったらリピーターができますか」という相談です。

相談内容

 私は鹿児島でデリヘル嬢をしています。現在29歳。この世界に5年います。悩みはリリピーターさんができないんです。フェラのテクニックは多少ありますが、会話がうまく続けらず次につながる接客が難しい感じです。スタイルもデブなほうです。この世界にいるからにはやはり稼ぎたいです。最近は時間が余ったら軽いマッサージをするようにしていますが、いつ呼ばれるか分からない状態で待機時間を過ごすのはツラすぎます。アドバイスをお願いします。

アドバイス

 性格は明るく、スタイルも抜群で胸も大きく、感度良好で濡れやすく、イキやすくてエッチなことが大好き! こんな女の子は間違いなく人気がでます。が、そんな完璧な女性は数えるくらいしか見たことがありません。美人だけど性格が悪いとか、愛嬌はあるのに太っているとか、人は何かしらの欠点を抱えているものです。

 カサブランカグループには現在500人以上の女の子が在籍しています。容姿が美しいだけては、お客さまは満足してくれず、性格やプレイといった要素も加味した総合的に優れた女性がお客さまから支持されています。

 ジャニーズにせよAKB48にせよ、それぞれのメンバーに熱狂的なファンがいるように、容姿の好みは人によっていろいろ。ファンの人たちは、容姿だけじゃなく、テレビやドラマ、コンサートなどで見せるキャラクターや性格を含めて好きになっているはずです。

 アイドルでも風俗嬢でも、容姿だけじゃなく性格や気遣いといった内面的な美しさ、風俗嬢ならエロさやテクニックといったその他もろもろの部分が加味された上で、支持される(リピート率が上がる)ものです。

 ところで、デリヘル業界で売れる要素のひとつに、「新人」というキーワードがあります。お客さまにとって「新人」はすごく特別みたいで、新人というだけで指名が増えるから不思議ですよね。

 さらに最強のキーワードが「業界未経験」「素人」といったフレーズ。デリヘルを利用するお客さまの中には、“素人新人”しか指名しないなんて人もいるほど。服を脱ぐのも恥ずかしそうにしている素人ちゃんの初々しさが、男性にとってはタマらない興奮材料になるんでしょうね(笑)。

 しかし、そんな素人新人さんでも、新人効果で指名が相次ぐのはせいぜい3カ月ほど。4カ月目以降に安定して稼げるかどうかは、初めの3カ月間で出会ったお客さまのうち、何人のお客さまからリピート指名があったかで決まります。人気嬢と呼ばれる女の子たちの多くは、その3カ月間で素人ながらもお客さまに満足していただける接客をしたのだと思います。

 とういうことで、相談者さんのために、カサブランカグループで指導している接客法をいくつか紹介しますので参考にしてください。

 (1)口臭に気をつける…お客さまに会う前に歯磨きなどのマウスケアをして口臭を消しましょう。さらに、お客さまの前でタバコを吸わなくても、タバコの臭いは残ります。タバコを吸わない人は臭いに敏感なので、出勤日はタバコを吸わずに頑張るくらいの気持ちが必要です。

 (2)キスは積極的にしましょう…濃厚なキスは、それだけ愛情表現のバロメーターとして受け止められます。自分から積極的にキスするくらいの気持ちが大切です。

 (3)笑顔と気遣い…第一印象で好感度を上げるのは、やっぱり笑顔。満面の笑みと元気な挨拶でお客さまとお会いしたら、あとは靴をそろえる、服をたたむ、使ったタオルや布団を片付けるなど、よく気が利く女の子でいましょう。ただし、行動が業務的にならないように注意しましょう。

 (4)スキンシップ…何かしら肌が触れ合っているだけで親近感がわくものです。少しでも早くお客さまとスキンシップをとって、恋人っぽい雰囲気を作りましょう。

 (5)出勤予定の厳守…時間や予定を守るのは接客業の基本。急に休んだり、出勤時間に遅れるような時間にルーズな女の子は、それだけ接客もいい加減です。

 (6)恥じらい…無理してモジモジする必要はありませんが、ポンポンと服を脱ぐような恥じらいのない女性に男性は興味を抱きません。裸になるお仕事とはいえ、いつまでも“裸になるのが恥ずかしい”という初々しさは必要です。

 リピートが取れる接客は、この6つの基本ができた上でのことになると思います。単に抜けばいいわけじゃなく、心のいやしや恋人気分を味わいたいお客さまにどう満足していただけるかがリピート率を上げる鍵です。

 ■長谷川華(はせがわ・はな) 中国地方で最大規模の風俗店「カサブランカ」グループ代表、作家。38歳。バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で7年目で、現在、広島、岡山、山口、大阪でデリバリーヘルス(デリヘル)など11店舗を展開している。昨年「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。公式ブログ http://blog.casa-b.jp/ も要チェック。

 

注目情報(PR)