風俗で働き100万円稼ぎたいのですが

★(33)

2012.08.31


長谷川華【拡大】

 風俗店「カサブランカ」グループ(http://blog.casa-b.jp/)の代表、長谷川華です。風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。今回は、税理士を目指す22歳の女性から「一人暮らしをしたいけどお金がありません。風俗で働いて100万円稼ぎたいのですが、どのくらい働けばたまるでしょうか?」という相談です。

相談内容

 初めまして。私は現在22歳で、税理士を目指しています。家族から離れて一人暮らしをして勉強したいのですが、一人暮らしのための資金がありません。100万円ほど必要です。風俗で働くことには不安がありますが、お金のために働こうと考えています。容姿には自信がないのですが、どのくらい風俗で働けば100万円たまりますか?

アドバイス

 風俗業界で働いている女性たちは皆さん、何かしらの理由があって“お金のため”に頑張っています。「夫が失業して生活のために」という人妻さんがいれば、「2カ月以内に学費を払わなないといけなくて」という学生さんもいますし、「カードローンの返済が苦しくて」というOLさんもいます。

 だけど、風俗の仕事は甘い仕事ではありません。恋愛感情もない見知らぬ男性と唇や肌を合わせ、男性自身を口に含んでサービスするのが仕事なんですから、精神的にもキツイし、ストレスがたまる仕事です。

 相談者さんとは境遇が違うけど、私が印象に残っているある女性の話をします。その人は40代の業界未経験の女性。離婚してお嬢さんと家を出たものの、住む所はないし、浪人した娘さんの予備校の入学金すら払えず、まさに無一文の状態で面接にこられました。そのまま寮に入り、その日から出勤。「どうしたらお客さまに喜んでもらえるのでしょうか?」と自分なりに努力され、2カ月で150万円稼いで無事卒業されました。

 10年以上前のデリヘル業界なら、週5日・1日8時間くらい出勤すれば、月に100万円以上稼ぐ女の子はたくさんいました。しかし、不景気なのにデリヘル店の数が増え続け、競争が激化する今は、簡単に稼げる時代ではありません。まったく同じように出勤しても、月10万円しか稼げない女の子もいれば、100万円稼ぐ女の子もいます。ただし、稼いでいる女の子に共通しているのは、容姿うんぬんではなく、お客さまに満足していただける接客ができている(顧客満足度の高さ=リピーターさんが多い)かどうかです。つまり、100万円稼ぐための期間は人によってまったく違うということです。

 もし相談者さんが風俗で働く場合、注意すべきことを挙げますので参考にしてください。

(1)笑顔…接客の基本です。お客さまの前では極力笑顔を絶やさず愛想よく振る舞いましょう。

(2)気遣い…男性は性的なこと以外にも、女性らしい優しさやちょっとした気遣い、仕草などにひかれます。もちろん言葉遣いも含めてです。

(3)身ぎれい…高価な服を身につけると言う意味ではなく、自分自身を美しく見せる努力を惜しまないということです。

(4)いいとこ探し…お客さまの「○○が嫌(苦手)」と思うと接客もネガティブになります。相手の良いところを見つけて、そこを好きになれれば自然と恋人気分になれます。

 働くお店を選ぶときは次の点に気をつけてください。お店のホームページの写真がきれいかどうかと、面接する方の服装や言葉遣い(対応)と人柄に問題がないかどうかです。

 私たちが、業界未経験の女の子に必ずいうのは、「目標や目的があってこの仕事を始めるのなら、それを1日も早く達成して卒業しようね!」ということ。相談者さんも、もしこの世界に身を投じたら、1日も早く100万円稼いで卒業してくださいね。

長谷川華(はせがわ・はな) 中国地方で最大規模の風俗店「カサブランカ」グループ代表、作家。38歳。バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で7年目で、現在、広島、岡山、山口、大阪でデリバリーヘルス(デリヘル)など11店舗を展開している。昨年「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。公式ブログ http://blog.casa-b.jp/ も要チェック。

 

注目情報(PR)