“統一教会と芸能人”桜田淳子さんは今…芸能界への意欲捨てず

2012.09.04


家族とともに高級住宅街のマンションに暮らしているという桜田さん。復帰話も囁かれるが…【拡大】

 韓国の新興宗教団体「世界基督教統一神霊協会」(統一教会)の創始者で教祖の文鮮明氏が亡くなった。世界190カ国で約300万人、日本だけでも約60万人の信者がいるが、なかでも気になるのが、1992年に教団の合同結婚式に参加し、世間を驚かせた元歌手の桜田淳子さん(54)だ。人気絶頂の中で芸能界から姿を消して20年。復帰説もささやかれるが…。

 都内有数の高級住宅地に立つ大規模マンション。関係者によると、桜田さんは現在、ここで実業家の夫と3人の子供と暮らしているという。

 「桜田さんは結婚してすぐに夫の実家がある福井県に移り、その後、兵庫県に転居。2004年ごろ、都内に引っ越してきました。一家の生計のほとんどは、旦那さんが株取引など金融関連の仕事で支えているようです」(桜田さんの知人)

 今年3月には夫と長男とともに一部週刊誌の取材を受け、家族仲むつまじい姿を見せたが、桜田さん自身は公の場から20年あまり遠ざかったまま。半ば引退状態にあるのは92年の騒動がきっかけだった。

 「会見で韓国で8月に開かれる統一教会主催の合同結婚式への参加と、親族の影響で入信していたことをカミングアウトして世間に衝撃を与えました。教団の霊感商法疑惑がクローズアップされたこともあり、桜田さんはすべての仕事を降板。事実上の引退状態に陥った」(当時を知る芸能関係者)

 騒動は、この時期に統一教会に入信する有名人が相次いだことで一層過熱する。桜田さんが参加した合同結婚式には、元新体操選手の山崎浩子さん(52)の姿もあった。タレントで作家の飯星景子さん(49)も信者だったことが明らかになり、教団の勧誘手法が「洗脳」「マインドコントロール」などと批判された。

 その後、山崎さんと飯星さんは家族の説得で脱会したが、桜田さんは「教団の広告塔」とバッシングを受けながらも翻意することはなかった。

 復帰説もささやかれるが実際はどうなのか。

 統一教会日本本部の広報からは、桜田さんの現状について「信者個人のプライバシーに関わることはお答えできません」とのコメントが返ってきた。

 そこで事情を知る教団関係者に聞くと「最近は教団のイベントで歌を披露。ハングルを勉強し、韓国に住居も構えたと聞いています。芸能界への意欲も捨てておらず、所属先だった芸能事務所に関係者を通じてコンタクトを取ったりもしているようです」と話す。

 実際、2006年にはエッセーを出版し、07年と08年には過去の音源を再発売したり、徐々に露出を増やしてはいる。だが、「やっぱり宗教色が強いと厳しいということで復帰話は立ち消えになったようです」(先の関係者)という。「中三トリオ」で一世を風靡したあの歌声を再び聞くことはできるか。

 

注目情報(PR)