性感マッサージで働こうか悩んでいます

★(34)

2012.09.07


長谷川華【拡大】

 風俗店「カサブランカ」グループ(http://blog.casa-b.jp/)の代表、長谷川華です。風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。今回は、20代の女性から「結婚を考えている彼氏がいるのですが、貯金するためにメンズエステ(性感マッサージ)で働こうか迷っている」という相談です。

相談内容

 現在、実家暮らしでフリーターをしています。趣味や習い事にもお金がかかりますし、さらに貯金もしたいので、性病の心配のないメンズエステの面接を受けようと思っています。ただ、私には結婚を考えている彼氏がいます。やはり、そういうお仕事はやめた方がいいのか悩んでいます。アドバイスをお願いします。

アドバイス

 こうした相談には、私じゃなくても「風俗で働くのはやめた方がいい」と言うはずです。風俗で働くリスクといえば、性病と周囲にバレルこと。どちらも可能性が高いわけではありませんが、完全に予防することが難しいのも事実です。

 風俗の世界に足を踏み入れる女の子の多くは、「生活が苦しい」とか「借金があって」など、どうしても今、お金を稼がなければならないという切羽詰った事情を抱えています。相談者さんは20代のフリーターで実家暮らし。貯金もそこそこあって、結婚を考えている彼氏もいる。だとしたら、あえて風俗で働く必要はないと思います。

 それでも働くというのであれば、以下の点に気をつけてください。

 風俗で働く上でのリスクは性病とバレ。メンズエステは手のサービスがメインなので、性病の心配はないでしょう。気にすべきは身内バレです。彼氏やご両親に風俗で働いていることがバレないためには、今までの生活リズムを変えないこと。そして携帯電話の扱いに注意することです。

 身内バレする女の子のほとんどが、行動を怪しまれて携帯電話をチェックされ、メールや電話の履歴から風俗勤めが発覚するケースが多いんです。できればプライベートと仕事用の携帯を分けるくらい、細心の注意を払ってください。

 さらに「お客さまにメアドや電話番号を教えない」「伝言板や掲示板にも極力メッセージを書かない」など、とにかく自分のプライベートな部分は秘密にしておくことも大切です。

 彼氏に内緒で風俗の仕事をするのは精神的にもつらいものです。バレてしまったときは、お金では買えない大切なものを失います。それでも…というのでしたら、すべてを失う覚悟で風俗嬢への第一歩を踏み出してください。

 ■長谷川華(はせがわ・はな) 中国地方で最大規模の風俗店「カサブランカ」グループ代表、作家。38歳。バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で7年目で、現在、広島、岡山、山口、大阪でデリバリーヘルス(デリヘル)など11店舗を展開している。昨年「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。公式ブログ http://blog.casa-b.jp/ も要チェック。

 

注目情報(PR)