万引き癖をなおすため風俗で働きたい

★(37)

2012.09.28


長谷川華【拡大】

 風俗店「カサブランカ」グループ(http://blog.casa-b.jp/)の代表、長谷川華です。風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。今回は、30代の女性から「なんとかして万引きをやめたい。風俗で働いてお金を稼げば万引き癖もなおると思うのですが」という相談です。

相談内容

 子供のころから万引きがやめられず、何度か警察にお世話になりました。捕まったときは反省するのですが、しばらくするとまたやってしまいます。お金や食べ物に対する執着が強く、風俗で稼げば万引きしなくなるかも知れないと思っています。アドバイスをいただければ幸いです。

アドバイス

 相談者さんの万引き癖ですが、成功したときのスリルが病みつきになっているのか、万引きせずにはいられなくなる衝動に駆られるのか分かりませんが、やっちゃいけないと頭の中で分かっていても止められないなら、「万引きという行為に依存しきってしまう病気」と考えたほうがいいかも知れませんね。

 気になるのは「お金や食べ物に対する執着心が強い」と自分でも認識していること。もし風俗で働いて稼いだとしても、「自分で稼いだお金を使う」ことに抵抗を感じるでしょうから、万引きを続けることになりそうです。さらに、“盗癖”がなおらない状態で風俗で働いても、最悪の場合、お客さまの財布に手をつけることにならないか心配です。

 癖(=習慣)ということでいいますと、断酒や禁煙を成功させるには、意志の強さ以上に環境が大切なんだそうです。禁煙なら、喫煙者が多い場所には行かない。灰皿やライターを処分して吸えない環境をつくる。周囲の人に禁煙宣言をして協力してもらえばいいらしいのですが、相談者さんの場合も「万引きをしたくても万引きできない」環境をつくることが大切かもしれません。

 私からのアドバイスは、買い物はネットや通販を利用する(万引きしたくなる場所に行かない)。買い物をするときは、袋を持たず財布だけ持っていく(万引きできない環境をつくる)。お店には1人で入らず、友達や家族と一緒に行動する(周囲の協力)って感じですかね。

 ■長谷川華(はせがわ・はな) 中国地方で最大規模の風俗店「カサブランカ」グループ代表、作家。38歳。バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で7年目で、現在、広島、岡山、山口、大阪でデリバリーヘルス(デリヘル)など11店舗を展開している。昨年「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。公式ブログ http://blog.casa-b.jp/ も要チェック。

 

注目情報(PR)