渡辺直美、中学時代の“いじめ”を告白「経験をばねに芸人になれた」

2012.10.05


いじめ体験を明かした渡辺直美【拡大】

 吉本興業のお笑い芸人17人が中学生時代を振り返った『みんな十四歳だった!』(新潮社)が発売され、“和製ビヨンセ”などぽっちゃりキャラで人気の渡辺直美(24)がいじめを受けた経験を告白した。

 渡辺は取材に対し「今も許せないが、その経験をばねに芸人になれた」と話し、自殺を考える子どもに「世界は学校だけじゃなくもっと広い。死ぬのはもったいないよ」と呼び掛けている。

 渡辺がいじめを受けたのは中学1年の2〜3学期。同級生の複数の女子からある日突然、無視され始めた。首謀者は毎晩、話し込むぐらい仲良しだった生徒。「初めて人に裏切られた。人生最悪の経験」と振り返る。

 原因は「好きな人が同じ」「名前の呼び方が気に入らない」というささいなこと。男子にもすぐ無視や悪口の輪が広がり「帰り道に待ち伏せして髪の毛全部抜いてやろうか」と脅されたり、上履きに「死ね」と書かれたりしたことも。いつまで続くか分からず学校も休みがちになった。「死にたい」とも考えた。

 シングルマザーで夜遅くまで働く母を心配させたくなくて打ち明けられず、学校でも家でも孤独で苦しかった。そんな時、現実を忘れさせてくれたのがテレビのお笑い番組。「いつか私も人を楽しませたい」。それが芸人の原点となった。

 2年のクラス替えでグループと離れ、いじめは終わった。「乗り越えてしまえば『死ぬ』と思ったことすら無駄だった」。苦しみから逃れようと自殺を考える子どもは後を絶たないが「未来がないと自分で決めるのはもったいない。我慢できなければ先生や友達に言って、それでもつらければ転校もある。死ぬよりは簡単なこと」と訴える。

 「今、元気のない子たちが私を見て笑ってくれる。目指していたものになれた」。いじめられている子どもには、自分の姿を見て、何か感じ取ってほしいと願う。

 一方で、いじめている子どもたちにはこう呼び掛ける。

 「いじめは人の人生を壊す最低な行為。卑劣で恥ずかしいことだと気付いて」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。