【現役CAのつぶやき】かわいい日本人女性も“海外流出”しちゃう?

★(2)

2012.10.09


松下貴子さん【拡大】

 ZAKZAK読者の皆様、こんにちは〜。さてさて記念すべき初回に、早速、問題提起(!?)してしまった世界で一番モテるのは「日本人女性」、世界で一番モテないのは「日本人男性」の統計のお話です。

 この統計は、以前、海外の雑誌に掲載されたこと、そして私の知人の生の声をまとめたリアルかつ驚きな統計の結果です。つい先日、日本のテレビ番組でも取り上げられていたそうですが、日本人女性は「世界のモテる」上位に食い込み、日本人男性は「世界のモテる」ほぼ最下位といった結果に…。なぜでしょう?

 まず1つ目。日本人女性って、海外の女性に比べると華奢で、世界基準でみてもオシャレに対する意識が非常に高い! フツーといわれるコが、実は決してフツーではなく、海外から見ると本当にオシャレでかわいいんですよ☆

 2つ目はとにかく男性を立てる! 読者の方からは「俺はそんなに立てられた覚えはない!」なんて、お叱りのお言葉も受けそうですが、一般の方がそう感じられるレベルでも、海外に比べれば、まだまだ日本人女性は男性を立てることのできる、素晴らしい女性たちなんですよ。「三歩下がって‐」(最近は死語!?)なんて言葉があるとおり自分が引いて、男性側を立てることができます。それって、欧米の方には、ほぼ皆無な感覚…。しかも、日本人女性は、食事の取り分けや、挙句の果てにはお酌までしてあげちゃいます。私は以前、外国人クルーたちと食事をしていた際、パイロットにお酌をして、他のクルーメンバーから注意を受けたことがあります(汗)。「男性にお酌をするなんて、その人のワイフ=奥さんか、そういった職業の人しか、するものではない!」と…。

 そんなことが当たり前にできる日本人女性は日本以外のお国の男性方からすると「気配りのできるいいコだな、いい奥さんになりそう」と思われ、とっても人気があるのです。逆に日本では、それができない女性は「気が利かないコ」くらいのレッテルをはられてしまうケースも多々あり…男性に気持ちよく勘違いをさせてしまうほどに、女性がサービス精神満点でいることを「良し」とする、とってもハードルの高い社会で日本人女性たちは、常にもまれているわけです! 一方でそんな日本人女性たちにスポイル=ダメにされてしまった日本人男性たちは女性たちに「してもらう」ことに慣れ過ぎてしまい、「してあげる」ことができない、あるいはただ気付かない、ということで世界基準でみると、残念ながらかなりモテようがないのです(涙)。

 そんな日本男児を尻目に、日本人女性たちはもちろん、外国人男性たちにも、普段とかわらず同じように「してあげる」スタンスで、控えめに、ナイスに接します。すると、外国人男性たちは、自国の女性達にはない、そのマイルドさに感激するのです! そして、日本人女性たちも外国人男性たちが、フツーに自国の女性たちにしているサービスやアプローチに触れ、「わぁ、こんな風にしてもらえるなんて、ステキ」と感激し、うれしくなってしまいます♪

 日本男児の諸君! のほほんとしていると、日本の優れた技術だけじゃなく、かわいい日本人女性たちまでもが海外に流出してしまいますよ!

 では今回はこの辺で♪ 本日の皆様の御担当は、松下貴子でした!皆様、次回の御搭乗の準備はよろしいでしょうか?

 Attention Please〜♪

 ■松下貴子(まつした・たかこ) 現役国際線CA。11月25日生まれ。静岡県出身。A型。趣味は水泳・ワイン・読書・旅行。日本テレビ系「恋のから騒ぎ」9期生として活躍後、テレビや雑誌など出演掲載多数。バブル時代から数えておよそ1000回に及ぶ合コンやソムリエの資格を生かし草食系と言われる元気のない日本男性に幸せと喝。公式ブログ http://ameblo.jp/takako-s-cinnamon/

 

注目情報(PR)